« 日本学・敦煌学・漢文訓読の新展開 | トップページ | 日本語の助詞と機能範疇 »

2006年6月12日 (月)

日本の多言語社会

真田信治・庄司博史(編)『日本の多言語社会』(岩波書店, 2005)が出ました。

わたしの「役割語」の項目も含まれています(282-284頁)。

日本語に関わる社会言語学的な知識が網羅されていて、大変ありがたい本です。役割語の研究の際にも、つねに座右に置いておきたい本だと思います。

« 日本学・敦煌学・漢文訓読の新展開 | トップページ | 日本語の助詞と機能範疇 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の多言語社会:

« 日本学・敦煌学・漢文訓読の新展開 | トップページ | 日本語の助詞と機能範疇 »