« Construction Grammar | トップページ | 高山善行さん »

2006年6月19日 (月)

虎明本

清文堂出版から、大塚光信(編)で、『大蔵虎明 能狂言集 翻刻 註解』(全二冊)が発行されるそうです(7月20日発行)。小林賢次先生、柳田征司先生も註解に参加されているとのことです。豪華メンバーですね!

虎明本狂言は、室町末期口頭語資料としては、キリシタン本と並んで基礎資料中の基礎資料です。これまでに翻刻(池田廣司・北原保雄著)が出ていますが、20年以上たっているし、最新の研究成果が盛り込まれた翻刻が、満を持して出版されるわけで、大変すばらしいと思います。楽しみに待ちましょう。

« Construction Grammar | トップページ | 高山善行さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虎明本:

« Construction Grammar | トップページ | 高山善行さん »