« 言語接触と言語の変容 | トップページ | 現象と理論のインタラクション »

2006年7月23日 (日)

統合原理としての国語

178_500 著者よりいただきました。安田さんのお仕事を俯瞰するような、まとめが巻末についていて便利です。

統合原理としての国語 近代日本言語史再考 III

安田敏朗/著
●本体2700円+税

2006年6月20日/四六判並製/376ページ/ISBN4-88303-178-0

(三元社のHPへ)

« 言語接触と言語の変容 | トップページ | 現象と理論のインタラクション »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 統合原理としての国語:

« 言語接触と言語の変容 | トップページ | 現象と理論のインタラクション »