« 石川洋子氏 | トップページ | 16th J/K Linguistics Conference »

2006年8月20日 (日)

鳥瞰虫瞰

いただいております。

31621595 透徹した文献学の知識と言語史観に裏付けされた、名著であると思います。日本語史を学ぶすべての人に読んでいただきたいです。

今野真二 (2005) 『文献から読み解く日本語の歴史【鳥瞰虫瞰】』笠間書院, ISBN:4305703076

目次から摘記いたします。

第1章 『平家物語』 手書きによって成った中世期のテキストの場合
1 斯道文庫本の概観
2 天草版との比較
3 平松家本との比較

第2章 手書きから印刷へ 御伽草子『横笛瀧口草子』を資料として
1 『横笛草子』
2 二つの古活字版
3 古写本、古活字版、整版本をめぐって(係り結びを例として)

第3章 明治期のテキストの諸相
1 違式註違條例
2 『華盛頓軍記』
3 森鴎外『文づかひ』

« 石川洋子氏 | トップページ | 16th J/K Linguistics Conference »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥瞰虫瞰:

« 石川洋子氏 | トップページ | 16th J/K Linguistics Conference »