« 系統樹思考の世界 | トップページ | 方言の伝播類型 »

2006年9月 8日 (金)

古代・中世日本語用例のローマ字表記について

新しい業績が出ました。

金水 敏 (2006.9.7) 「古代・中世日本語用例のローマ字表記について」音声文法研究会(編)『文法と音声 V』pp. 177-190, くろしお出版

音声・音韻史の専門家でない人が、古い用例をローマ字で書く時にどうしたらいいか、ということを検討した論文です。

« 系統樹思考の世界 | トップページ | 方言の伝播類型 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代・中世日本語用例のローマ字表記について:

« 系統樹思考の世界 | トップページ | 方言の伝播類型 »