« 漢字音分類表 | トップページ | 研究会情報 »

2006年11月 5日 (日)

音・訓と連濁

こちらに書いた、音・訓の議論をこちらに引き取ります。kuzan氏のご議論にも乗っかりながら。

私が、大阪YWCAの受講生の方に見せていただいたテキストには、連濁しない字音語の例として「蚊(か)」が挙げられていましたが、これはテキストの著者の間違いでした。「蚊(か)」は訓(和語)ですが、何か別の理由で連濁しないのでしょう。

もし、音・訓の見分け方として、

連濁するのは訓、連濁しないのは音(仮)

という「法則」を使うとするなら、「蚊」ではなく、例えば「蝶」と「蜂」のペアを使えばよかったのでしょうね。

モンシロ-チョウ アゲハ-チョウ シジミ-チョウ

アシナガ-バチ スズメ-バチ ジガ-バチ

「チョウ」は音(漢語)なので連濁しない、「ハチ」は訓(和語)なので連濁する、というわけです。

ただしこの法則は、例外が多いので、やっかいなのですね。kuzan氏は、連濁を起こす漢語熟語の例として、「株式会社(かぶしきがいしゃ」「男所帯(おとこじょたい)」の例を挙げておられますが、漢字一字の音・訓の例としては、、「菊」「鉢」の例があります。

シラ-ギク ジョチュウ-ギク コ-ギク

ドンブリ-バチ チョウズ-バチ ウエキ-バチ

「キク」「ハチ」はいずれも字音ですが、ほぼ例外なく連濁を起こします。これらはやはり、早くから生活の中で和語なみに日本語になじんでしまったことによるのでしょう。従って先の「法則」は、

連濁しやすいのは訓、連濁しにくいのは音

と改訂すべきでなのですが、こんなのは予測力がないので、「法則」でもなんでもないですね。

« 漢字音分類表 | トップページ | 研究会情報 »

コメント

連濁についての国語学的な根拠についてはよく知りませんが、日本語の東西差は大変大きいようです。
 NHKの放送などを聞くと、入国を「にゅうこく」と言っていますが、関西では「にゅうごく」です。河川敷を「かせんしき」といっていますが、関西では「かせんじき」です。
 最近中国のことを「ちゅうこく」と発音しているように聞こえる人がNHKに出る人にいるようですが、本当にそうよむひとがいるのでしょうか。
 東西差というより、時代差、個人差の傾向もあるようで、最近公開された青空文庫の作品に「京鹿子娘道成寺」というのがあって、「きょうかのこ云々」とふりがながつけてありましたが、NHKや歌舞伎では「きょうがのこ云々」といっています。それが当然と思います。
 青空文庫はこの傾向が強いようです。最近も「立ち位置」などという、湯桶読み顔負けの変な言い方をしていました。

 

huzisanさま、

情報ありがとうございます。NHKのような公共放送で、そのような地域差や時代差があるとは、気づきませんでした。気をつけてみてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音・訓と連濁:

« 漢字音分類表 | トップページ | 研究会情報 »