« 音・訓と連濁 | トップページ | 講演「上代語母音縮約の共時論と通時論」 »

2006年11月20日 (月)

研究会情報

―――――――――――――――――――――――――
■□漢字文献情報処理研究会第九回大会 詳細情報□■
―――――――――――――――――――――――――

○日時:2005年12月16日(土)  13:30~18:00
○会場:ピアザ淡海(滋賀県大津市)・305会議室
    http://www.piazza-omi.jp/
○JAET・CCAI会員入場無料(非会員は参加費500円)・参加自由

○プログラム

13:30~15:30 事例報告
・山田崇仁「Google Earthを利用した唐代地理情報の集積」
・小島浩之「古貨幣・古札の画像データベースについて」
・高田智和「文字・表記研究とコーパス」

(休憩20分)

15:50~17:10 小特集「大規模漢字集合と異体字問題」
・師茂樹「Unicode 5.0とCJK Extension C」
・上地宏一「大規模文字集合の異体字構造表現」

(休憩20分)

17:30~18:00 総会

 ※大会後に懇親会を行います(要申し込み)。詳細は以下のURLをご覧ください。
    http://www.jaet.gr.jp/meeting.html#9

« 音・訓と連濁 | トップページ | 講演「上代語母音縮約の共時論と通時論」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究会情報:

« 音・訓と連濁 | トップページ | 講演「上代語母音縮約の共時論と通時論」 »