« The 17th J/K in UCLA | トップページ | 日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究 »

2007年5月13日 (日)

忍頂寺文庫・小野文庫の研究2

国語学の論文を含む論文集です。

「忍頂寺文庫・小野文庫の研究」共同研究グループ/国文学研究資料館(編)(2007.3)『忍頂寺文庫・小野文庫の研究2』2006年度 大阪大学大学院文学研究科共同研究(国文学研究資料館研究連携事業)研究成果報告書、大阪大学大学院文学研究科・飯倉洋一研究室

目次
「忍頂寺文庫・小野文庫の研究」の展開    飯倉洋一
魯文作『歌舞菩薩露親玉』について―八代目団十郎追善本の周辺―   山本和明
三代目団十郎俳書『八日目華』―(デザイン編)―   井田太郎
三代目団十郎俳書『八日目華』―(翻字・解題編)―   尾崎千佳・辻村尚子
『開帳おどけ 仮名手本忠臣蔵』考―忍頂寺文庫本を出発点として―   川端咲子・正木ゆみ
忍頂寺文庫所蔵兵庫口説について―橋づくし、お染久松ものを中心に―   竹村明日香
小野文庫蔵忍頂寺務宛て書簡について―調査の中間報告と考察―   内田宗一
忍頂寺文庫蔵近世後期洒落本について―テキスト化の報告、ならびに安永二年再板『辰巳之園』―   依田恵美
翻刻 忍頂寺文庫蔵 七代目団十郎の配り本三種―『遊行やまざる』『旅中腰かけざる』『なゝゑびぞ』―   飯倉洋一・わく(たけかんむりに隻)田将樹   

« The 17th J/K in UCLA | トップページ | 日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忍頂寺文庫・小野文庫の研究2:

« The 17th J/K in UCLA | トップページ | 日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究 »