« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年5月14日 (月)

指示詞研究会

指示詞研究会

日時:5月19日(土曜)(3:00~5:00頃)

場所:大阪大学大学院文学研究科 A27

3:00~4:00 発表題目「古代語カ(ア)系列指示詞の定義」
          藤本真理子(大阪大学大学院博士課程)

4:00~5:00  発表題目「日韓における指示詞について」
          朴美賢(甲南大学)・岡崎友子(就実大学)

5:30頃~    懇親会

なお、懇親会のご出席の有無について、岡崎までtomoko-oka@shujitsu.ac.jpお知らせください。

岡崎友子

Dsc03904_1

2007年5月13日 (日)

現代日本語の複合語形成論

027686900000 現代日本語の複合語形成論 (ひつじ研究叢書) 
  石井 正彦著
税込価格 : \8,820 (本体 : \8,400)
出版 : ひつじ書房
サイズ : A5判 / 497p
ISBN : 4-89476-324-9
発行年月 : 2007.2

目次
序論 複合語形成論の対称と方法
第1部 複合動詞の形成
第1章 複合動詞形成の基本モデル
第2章 動詞の結果性と複合動詞
第3章 派生的な複合動詞の形成
第4章 複合動詞と複合名詞
第5章 複合動詞の語構造分類
第6章 「既成」の複合動詞と「新造」の複合動詞
第2部 複合名詞の形成
第1章 複合名詞形成の4段階モデル
第2章 複合名詞の語構造と命名概念構造
第3章 複合名詞の表現性と弁別性
第4章 造語成分の位相と機能
第5章 複合名詞の語構造と語彙の生産性
第3部 臨時一語の形成
第1章 臨時一語と文章の凝縮
第2章 文章顕現型の臨時一語化
第3章 文章顕現型の脱臨時一語化
第4章 新聞における文章顕現型の臨時一語化と脱臨時一語化
第5章 文章顕現型の臨時一語化の基本類型

言語学雑誌のHP

授与動詞の対照方言学的研究

027686890000 授与動詞の対照方言学的研究 (ひつじ研究叢書) 
  日高 水穂著
税込価格 : \7,770 (本体 : \7,400)
出版 : ひつじ書房
サイズ : A5判 / 354p
ISBN : 4-89476-321-4
発行年月 : 2007.2

目次
第1部 枠組み編
第1章 授受動詞をめぐって
第2章 人称的方向性をめぐって
第3章 授受表現をめぐる表現体系の変遷
第2部 全国分布編
第4章 授受表現発達の地域差
第5章 授受動詞と関連表現の全国分布
第6章 授与動詞の語彙体系の地理的分布をめぐって
第7章 方言談話資料に見られる授与動詞の意味と用法
第8章 方言談話資料に見られる「提供場面」の言語表現
第3部 現地調査編
第9章 富山県五箇山方言の授与動詞の体系
第10章 五箇山・白川郷の方言授与動詞の使用の動態
第11章 石川県内浦方言の授与動詞の体系と動態
第12章 長野県信州新町方言の授与動詞の体系と動態
第13章 北部伊豆諸島方言の授与動詞の体系と動態
第14章 東北方言の授与動詞の体系と動態
第15章 九州中南部方言の授与動詞の体系と動態
第16章 授与動詞の体系と変化の東西方言差

日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究

027647820000 日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究 (ひつじ研究叢書)
文法史構築の一試論 
  宮地 朝子著
税込価格 : \7,140 (本体 : \6,800)
出版 : ひつじ書房
サイズ : A5判 / 219p
ISBN : 4-89476-320-6
発行年月 : 2007.2

目次
序論 文法史の構築をめざすにあたって
第1章 「とりたて」形式の構文的特徴と意味機能
第2章 「係助詞」シカの成立
第3章 方言からみたシカの構文的特徴と成立過程
第4章 ダケ・バカリの歴史・地理的変化
第5章 係助詞シカ成立の言語内的要因
第6章 係助詞シカ類の成立に関わる音変化をめぐって
第7章 「おく「より」」の背景
結論 本研究のまとめと課題

忍頂寺文庫・小野文庫の研究2

国語学の論文を含む論文集です。

「忍頂寺文庫・小野文庫の研究」共同研究グループ/国文学研究資料館(編)(2007.3)『忍頂寺文庫・小野文庫の研究2』2006年度 大阪大学大学院文学研究科共同研究(国文学研究資料館研究連携事業)研究成果報告書、大阪大学大学院文学研究科・飯倉洋一研究室

目次
「忍頂寺文庫・小野文庫の研究」の展開    飯倉洋一
魯文作『歌舞菩薩露親玉』について―八代目団十郎追善本の周辺―   山本和明
三代目団十郎俳書『八日目華』―(デザイン編)―   井田太郎
三代目団十郎俳書『八日目華』―(翻字・解題編)―   尾崎千佳・辻村尚子
『開帳おどけ 仮名手本忠臣蔵』考―忍頂寺文庫本を出発点として―   川端咲子・正木ゆみ
忍頂寺文庫所蔵兵庫口説について―橋づくし、お染久松ものを中心に―   竹村明日香
小野文庫蔵忍頂寺務宛て書簡について―調査の中間報告と考察―   内田宗一
忍頂寺文庫蔵近世後期洒落本について―テキスト化の報告、ならびに安永二年再板『辰巳之園』―   依田恵美
翻刻 忍頂寺文庫蔵 七代目団十郎の配り本三種―『遊行やまざる』『旅中腰かけざる』『なゝゑびぞ』―   飯倉洋一・わく(たけかんむりに隻)田将樹   

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »