« 忍頂寺文庫・小野文庫の研究2 | トップページ | 授与動詞の対照方言学的研究 »

2007年5月13日 (日)

日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究

027647820000 日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究 (ひつじ研究叢書)
文法史構築の一試論 
  宮地 朝子著
税込価格 : \7,140 (本体 : \6,800)
出版 : ひつじ書房
サイズ : A5判 / 219p
ISBN : 4-89476-320-6
発行年月 : 2007.2

目次
序論 文法史の構築をめざすにあたって
第1章 「とりたて」形式の構文的特徴と意味機能
第2章 「係助詞」シカの成立
第3章 方言からみたシカの構文的特徴と成立過程
第4章 ダケ・バカリの歴史・地理的変化
第5章 係助詞シカ成立の言語内的要因
第6章 係助詞シカ類の成立に関わる音変化をめぐって
第7章 「おく「より」」の背景
結論 本研究のまとめと課題

« 忍頂寺文庫・小野文庫の研究2 | トップページ | 授与動詞の対照方言学的研究 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究:

« 忍頂寺文庫・小野文庫の研究2 | トップページ | 授与動詞の対照方言学的研究 »