« 名詞句と存在文―ノ・コト、準体句、ク語法― | トップページ | 文法学研究会連続講義スライド「ダイクシス」 »

2008年6月15日 (日)

「の」の特性と統語構造

山田昌史 (2008) 「「の」の特性と統語構造」『Scientific Approaches to Language』7, pp. 151-179, 神田外語大学 言語科学センター

〒697-0016
島根県浜田市野原町2433-2
島根県立大学
ma-yamada at u-shimane dot ac dot jp

要旨:

本論では、「赤いの」のような名詞句に含まれる「の」について考察した。「の」は (i) 単独で名詞として生じることができない、 (ii) 共起する連体修飾表現に制限があるなどの点で統語的な特徴を示すが、その一方で、金水 (1995) が指摘するように、「の」の生起は、語用論的な制限がかかる。本論では、Chomsky (2000) 以降で展開された phase の概念を援用して、「の」の語用論的側面を統語構造から導き出せるよう理論を整備し、併せて (i)-(ii) の統語的特徴にについても説明できる名詞句の構造を提案した。具体的には、DP を CP と同様な phase とみなし、名詞句が意味解釈に関わるインターフェイスにより旧情報となる名詞句であると判断されると、その DP の主要部に [G] 素性を仮定し、これを下位の機能範疇 (FP) の主要部に指定された phi 素性によって照合することで、音声部門においてこの [G] 素性が「の」と発音されると分析した。本論の提案により、これまでの「の」の分析とは異なる視点からその統語的・意味論的特徴の両面が適切に捉えられることを示した。

« 名詞句と存在文―ノ・コト、準体句、ク語法― | トップページ | 文法学研究会連続講義スライド「ダイクシス」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「の」の特性と統語構造:

« 名詞句と存在文―ノ・コト、準体句、ク語法― | トップページ | 文法学研究会連続講義スライド「ダイクシス」 »