« 「役割語」シンポジウム・研究発表会 | トップページ | Methodologies in Determining Morphosyntactic Change »

2009年2月11日 (水)

中古日本語の文法的な時間表現

下記の要領で、博士論文公開審査を行います。どたたでもご自由にお越しください。

発表者:黒木邦彦(大阪大学大学院文学研究科 博士後期課程3年)
題目:中古日本語の文法的な時間表現
    ―アスペクト、テンス、ムードをめぐって―
日時: 2009年2月16日(月) 15:00~
会場: 大阪大学(豊中キャンパス)共通教育A棟 6階 大会議室

« 「役割語」シンポジウム・研究発表会 | トップページ | Methodologies in Determining Morphosyntactic Change »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中古日本語の文法的な時間表現:

« 「役割語」シンポジウム・研究発表会 | トップページ | Methodologies in Determining Morphosyntactic Change »