« Methodologies in Determining Morphosyntactic Change | トップページ | Japanese Korean Linguistics Vol. 16 »

2009年3月 8日 (日)

黒田成幸先生ご逝去

2009年2月25日、黒田成幸(くろだ しげゆき、 S.-Y. Kuroda、カリフォルニア大学サンディエゴ校)先生がご逝去されました。今書いている原稿を、黒田先生に読んでいただきたいと思っていたところに、訃報が届きました。大変悲しく、残念なことです。ご冥福をお祈りいたします。

大学のホームページより引用します。

S.-Y. Kuroda

Sige-Yuki Kuroda, Professor Emeritus and Research Professor of Linguistics at UCSD, died in La Jolla, California, on February 25, 2009, after a long illness. Known almost universally as Yuki, Kuroda was the father of modern Japanese linguistics. He is survived by his wife, Susan Fischer, and by three brothers and other family members in Japan. He also leaves hundreds of friends, colleagues, and former students who admired him for his deep intellect and loved him for his gentle kindness.

Yuki_cropped

http://ling.ucsd.edu/kuroda/

« Methodologies in Determining Morphosyntactic Change | トップページ | Japanese Korean Linguistics Vol. 16 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒田成幸先生ご逝去:

« Methodologies in Determining Morphosyntactic Change | トップページ | Japanese Korean Linguistics Vol. 16 »