« 子どもの言語、地域の言語、国家の言語、グローバル言語 | トップページ | ニュース字幕の“ら抜き” »

2010年1月 5日 (火)

昨年の研究の振り返りと今年の展望

最近の研究テーマとしては、役割語、歴史語用論、存在表現、歴史統語論、その他というあたりに収斂しております。

役割語については、昨年3月に、定延さんの科研費との合同によりシンポジウム・研究発表会を実施しました。その折り、役割語を“キャラクター”というより広い視点から捉え直すということを試みましたが、3月の段階では十分ではなかった論点もだいぶ整理されてきたように思いますので、また発表の機会が得られればと思います。

幸い、役割語に興味を持っていただける方がいてくださいますので、去年もいくつかの講演や授業の機会を得ました。6月には、学生さんの企画で、役割語をテーマとするサイエンスカフェに参加しました。7月には、淀屋橋 odona で関西人イメージについての講演を行いました。9月には金沢大学で集中講義を行いました。11月にはクアラルンプールにおける大阪大学フォーラムで講演を行いました。また、日本女子大学でシンポジウムに参加しました。12月には広島女子大学で講演会を行いました。

出版社からも、出版企画のお話をいただいており、準備を進めていますが、なかなか原稿として結実しません。今年は、一つでも二つでも出版までこぎ着けることが課題かと思います。

歴史語用論に関しては、学生さんや元学生さんらと共同で、直示に関する歴史的変化と類型の研究を進めており、10月に国立国語研究所のフォーラムで発表を行いました。また滝浦さんの、ポライトネス研究と出会ったことは大変な収穫でした。9月に雑誌の企画で滝浦さんと対談ができたことも有り難かったです。2月19日には、新宿の麗澤大学のサテライト教室で、滝浦さんと井上優さんと、ポライトネスに関するシンポジウムを行います。

存在表現については、2006年に『日本語存在表現の歴史』を出版して以来、しばらく寝かせてあったような状態でしたが、9月に愛知県立大学で集中講義をやらせていただき、また10月に中国語学会のシンポジウムにお呼びいただいて話をさせていただいたことによって、また少し考えてみたいと思うようになりました。3月27日~28日には、東京言語学研究所(TEC)の集中講義でお話をさせていただく予定です。

歴史統語論に関しては、昨年3月に国立民族学博物館での国際シンポジウムに参加させていただき、発表をしました。本務校では、その内容を取り込みつつ講義をしつつありますが、形式的に整ってきたように思います。3月までの約束で、講座物の原稿を出す計画ですので、なんとか頑張りたいと思います。

その他として、言語と社会、言語と歴史、言語と国家といった枠組み的なことに関して、少し考えていることがあり、とりあえず1月24日の「21世紀懐徳堂シンポジウム」というイベントでお話させていただく予定ですが、学会発表なども久しぶりに出来ればと思っています。

« 子どもの言語、地域の言語、国家の言語、グローバル言語 | トップページ | ニュース字幕の“ら抜き” »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨年の研究の振り返りと今年の展望:

« 子どもの言語、地域の言語、国家の言語、グローバル言語 | トップページ | ニュース字幕の“ら抜き” »