« 公開シンポジウム「日本語の将来」 | トップページ | 日本語の将来を考える視点 »

2010年8月26日 (木)

日本語の歴史 (A History of the Japanese Language)

Oxford 大学の Bjarke Frellesvig さんの新刊書 A History of the Japanese Language が7月に出ました。

A History of the Japanese Language
Bjarke Frellesvig
460 pages
Hardback 9780521653206
USD 130.00

紹介文の翻訳を挙げておきます。

著者は最初期の記録から現代にいたるまで、書記資料および歴史的記録に依拠して、日本語の発展を記述している。検証された最古の段階である古代日本語(およそ8世紀)の記述から始め、初期中世日本語(800年~1200年)、後期中世日本語(1200年~1600年)、近代日本語(1600年以降)を通して起こった変化をたどりつつ、日本語の総体的な内面史を検証し、議論していく。本書における報告は日本語がどのように発展・進化してきたかということの包括的な研究とそのための多量の必要な資源を研究者に供給してくれる。本書は日本語に興味を持つ総ての人のみならず、一般的な言語変化について学ぶ学生にとってもかけがえのない文献である。

ちらしはこれ。→「a_history_of_the_japanese_language.pdf」をダウンロード

« 公開シンポジウム「日本語の将来」 | トップページ | 日本語の将来を考える視点 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の歴史 (A History of the Japanese Language):

« 公開シンポジウム「日本語の将来」 | トップページ | 日本語の将来を考える視点 »