« 上代文献のテキスト公開 | トップページ | 中右実先生御退休記念シンポジウム―「明日の言語研究に向けて」― »

2011年1月21日 (金)

公開講演会・シンポジウム「ことばの類型と多様性」

       人間文化研究機構 第14回 公開講演会・シンポジウム
          「ことばの類型と多様性」開催のお知らせ


国立国語研究所では、人間文化研究機構及び国立民族学博物館とともに言葉の持つ類型・多様性を論じ、ことば現象のおもしろさを理解していただくことを目的に、本シンポジウムを下記のとおり開催いたします。
詳しい開催情報は、http://www.nihu.jp/events/ を御覧ください。

 日時:平成23年2月19日(土)13:00~17:00
 会場:有楽町朝日ホール
     (東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)

 プログラム:
 ◆問題提起
  ことば現象への視座――問題提起にかえて
      長野泰彦(国立民族学博物館)
 ◆講演
  1 「アクセントとイントネーション――日本語の多様性
      窪薗晴夫(国立国語研究所)
  2 「「主語」を問い直す」
      大堀壽夫(東京大学)
  3 「言語と認知の類型論:日本語とマラーティー語の認知の多様性」
  プラシャント・パルデシ(国立国語研究所)
  4 「言語類型の推移に関わる現象」
      太田 斎(神戸市外国語大学)
  5 「手話の類型論にむけて」
      森 壮也(JETRO)
 ◆総合討論

 【申込み方法】
  参加無料・事前申込み制。
  定員600名(先着順)定員になり次第受付を締め切ります。
  「第14回公開講演会・シンポジウム参加希望」と明記の上、①郵便番号、②住所、
  ③氏名、④連絡先電話番号、⑤今後の講演会などの御案内送付希望の有無を下記ま
  で御連絡ください。
  FAX:06-6878-8479(国立民族学博物館研究協力課)

« 上代文献のテキスト公開 | トップページ | 中右実先生御退休記念シンポジウム―「明日の言語研究に向けて」― »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公開講演会・シンポジウム「ことばの類型と多様性」:

« 上代文献のテキスト公開 | トップページ | 中右実先生御退休記念シンポジウム―「明日の言語研究に向けて」― »