« 上山あゆみさんに『統語意味論』の手ほどきをしてもらう会(リベンジ編) | トップページ | 上山あゆみさんに『統語意味論』の手ほどきをしてもらう会(待ってました応用編) »

2016年6月11日 (土)

シンポジウム「歴史言語学の新しい潮流:歴史語用論と歴史社会言語学」

関西言語学会第41回大会 シンポジウムI

2016年6月11日(土)15:10-18:10

於 龍谷大学深草キャンパス

オーガナイザー:金水 敏

導入用スライド→こちら

椎名美智(法政大学)「歴史語用論研究の動向:「これまで」と「これから」

高田博行(学習院大学)「「社会語用論」的言語史記述の拓く過去の言語生活   —ドイツ語史研究の事例に則して—」

家入葉子(京都大学)「コーパス時代の英語学研究と歴史社会言語学の潮流」

渋谷勝己(大阪大学)「歴史社会言語学が捉えることばの変化   —日本語史を例として—」

« 上山あゆみさんに『統語意味論』の手ほどきをしてもらう会(リベンジ編) | トップページ | 上山あゆみさんに『統語意味論』の手ほどきをしてもらう会(待ってました応用編) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 上山あゆみさんに『統語意味論』の手ほどきをしてもらう会(リベンジ編) | トップページ | 上山あゆみさんに『統語意味論』の手ほどきをしてもらう会(待ってました応用編) »