« 2018年1月 | トップページ

2018年10月22日 (月)

日本語・意味・統語論参考文献 (2018)

国文法について
  • 金水敏 (1997)「国文法」益岡隆志・仁田義雄・郡司隆男・金水敏 『文法』岩波講座 言語の科学, 5, pp. 119-157, 岩波書店.
日本語記述文法
  • 奥津敬一郎(1978)『「ボクハ ウナギダ」の文法:ダとノ』くろしお出版.
  • 金水敏 (2015) 「第5章 日本語の文とその構造」月本雅幸(編)『日本語概説』pp. 64-80, 放送大学教育振興会.
  • 金水 敏(2015)「「変項名詞句」の意味解釈について」『日中言語研究』8:22-32.
  • 金水 敏(2016)「「ウナギ文」再び:日英語の違いに着目して」福田嘉一郎・立石始(編)『名詞類の文法』pp. 203-214,くろしお出版.
  • 久野 暲 (1973) 『日本文法研究』大修館書店.
  • 田窪行則 (1987)「統語構造と文脈情報」『日本語学』6(5): 37-48.
  • 田窪行則 (2010) 『日本語の構造:推論と知識管理』くろしお出版.
  • 角田太作(2012)「人魚構文と名詞の文法化」『国語研プロジェクトレビュー』7: 3–11.
  • 西山佑司 (2003) 『日本語名詞句の意味論と語用論: 指示的名詞句と非指示的名詞句』ひつじ書房.
  • 寺村秀夫 (1982) 『日本語のシンタクスと意味』第1巻, くろしお出版.
  • 益岡隆史・田窪行則 (1992) 『基礎日本語文法』くろしお出版.
  • 三上章 (1960) 『象は鼻が長い』くろしお出版.
  • 南不二男 (1998) 『現代日本語の構造』大修館書店.
生成文法
  • 上山あゆみ (2015) 『統語意味論』名古屋大学出版会.
  • 上山あゆみ (2000) 「日本語から見える「文法」の姿」『日本語学』 4月臨時増刊号 (vol.19), , pp.169-181, 明治書院.
  • 北川善久・上山あゆみ (2004) 『生成文法の考え方』原口庄輔, 中島平三, 中村捷, 川上誓作(編), 英語学モノグラフシリーズ, 2, 研究社.
  • 金水 敏 (2000) 「文法性判断とステレオグラム」『日本語学』19-5(四月臨時増刊号, pp. 8-13, 明治書院.
  • 金水 敏 (2017) 「文法研究におけるデータについて−文法研究は経験科学たりうるか−(特集:文法性判断に基づく研究の可能性)」日本語文法学会(編)『日本語文法』17-2, くろしお出版.
  • 郡司隆男 (2002)『単語と文の構造』現代言語学入門, 3, 岩波書店.
  • Chomsky, Noam (1995) The Minimalist Program, MIT Press, Cambridge. MA.
  • Hoji, Hajime (2015) Language Faculty Science, Cambridge University Press, Cambridge.
意味論
  • 井元秀剛 (1995) 「役割・値概念による名詞句の統一的解釈の試み」『言語文化研究』第21号,pp.97-116. 大阪大学.
  • 井元秀剛 (2004)「スペースと名詞句解釈」言語文化共同研究プロジェクト2003『言語における時空をめぐってII』pp. 1-12. 大阪大学言語文化部・大阪大学大学院言語文化研究科.
  • 井元秀剛 (2006)「コピュラ文をめぐる名詞句の意味論と語用論」『シュンポシオン 高岡幸一教授退職記 念論文集』pp. 13-22, 朝日出版社.
  • 金水敏・今仁生美 (2000) 『意味と文脈』現代言語学入門, 4, 岩波書店.
  • 郡司隆男(2015)「日本語のコピュラ文の形式意味論的分析」『Theoretical and Applied Linguistics at Kobe Shoin : トークス』18: 13-24, 神戸松蔭女子学院大学.
  • Montague, R. (1973) "The proper treatment of quantification in ordinary English," Hinikka, J., Moravcsic, J. & Suppes, P. (eds.) Approaches to Natural Language, pp. 221-242.

« 2018年1月 | トップページ