2011年9月 4日 (日)

『文法史』(シリーズ日本語史、3)

岩波書店刊、シリーズ日本語史から第3巻『文法史』が出ました。

金水敏・大鹿薫久・高山善行・衣畑智秀・岡崎友子(編)

金水敏・高山善行・衣畑智秀・岡崎友子(著)

『文法史』シリーズ日本語史、3

岩波書店、2011年7月28日刊

詳しい内容はこちらからどうぞ。

0281290_2




2010年4月 9日 (金)

VSARPJ プロジェクト

Oxford のB. Frellesvig 先生によるプロジェクト

Verb semantics and argument realization in pre-modern Japanese:
A comprehensive study of the basic syntax of pre-modern Japanese

のホームページがここにあります。日本語の説明もここにあります。

2009年2月11日 (水)

中古日本語の文法的な時間表現

下記の要領で、博士論文公開審査を行います。どたたでもご自由にお越しください。

発表者:黒木邦彦(大阪大学大学院文学研究科 博士後期課程3年)
題目:中古日本語の文法的な時間表現
    ―アスペクト、テンス、ムードをめぐって―
日時: 2009年2月16日(月) 15:00~
会場: 大阪大学(豊中キャンパス)共通教育A棟 6階 大会議室

2008年11月 1日 (土)

ダバ語の存在文における有生性

言語研究に所載の論文です。フォントの関係で、PDFファイルにしました。

「existential-nDrapa-shirai.pdf」をダウンロード

2008年8月13日 (水)

日本語の「懸垂疑問文」に関する一考察

石井康男 (2008.3) 「日本語の「懸垂疑問文」に関する一考察」『文の語用的機能と統語論:日本語の主文現象からの提言(1)』平成19年度~平成21年度 日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤研究 (B))研究成果報告書(課題番号 19320063)研究代表者:長谷川信子、pp. 63-81.

要旨

本論は、動詞に選択されず付加部として機能している疑問従属節を考察する。この種の疑問節には、WH疑問と、Yes/No疑問の2種類があり、両者は、意味的機能が異なる一方、共に「か」の前に「の」を要求し、主節が疑問文になれないという共通点もある。これらの疑問節(「懸垂疑問文」)の統語的・意味的な特徴を動詞に選択された通常の埋め込み疑問文と比較しながら分析することによって、日本語におけるWH句の認可条件および節末の「か」の特性についての手がかりが得られることを示す。

(1) a. [誰がやったのか]、ハンマーで窓を割ったらしい。
     b. 太郎は[何を買ってきたのか]、大きな箱を抱えていた。

(4) 太郎が帰ってきたのか、花子はうれしそうだ。

こういう構文を「懸垂疑問文」(Dangling Interrogatives)と呼ぶことは初めて知りました。なお、Ishii (2003) では Interrogative Adjuncts と呼んでいるそうです。

Ishii, Yasuo. 2003. Interrogative adjuncts in Japanese: A preliminary study. In Empirical and Theoretical Investigations into Language: A Festschrift for Masaru Kajita, ed. by Shuji Chiba et al., 281-296, Kaitakusha, Tokyo.

2008年6月15日 (日)

「の」の特性と統語構造

山田昌史 (2008) 「「の」の特性と統語構造」『Scientific Approaches to Language』7, pp. 151-179, 神田外語大学 言語科学センター

〒697-0016
島根県浜田市野原町2433-2
島根県立大学
ma-yamada at u-shimane dot ac dot jp

要旨:

本論では、「赤いの」のような名詞句に含まれる「の」について考察した。「の」は (i) 単独で名詞として生じることができない、 (ii) 共起する連体修飾表現に制限があるなどの点で統語的な特徴を示すが、その一方で、金水 (1995) が指摘するように、「の」の生起は、語用論的な制限がかかる。本論では、Chomsky (2000) 以降で展開された phase の概念を援用して、「の」の語用論的側面を統語構造から導き出せるよう理論を整備し、併せて (i)-(ii) の統語的特徴にについても説明できる名詞句の構造を提案した。具体的には、DP を CP と同様な phase とみなし、名詞句が意味解釈に関わるインターフェイスにより旧情報となる名詞句であると判断されると、その DP の主要部に [G] 素性を仮定し、これを下位の機能範疇 (FP) の主要部に指定された phi 素性によって照合することで、音声部門においてこの [G] 素性が「の」と発音されると分析した。本論の提案により、これまでの「の」の分析とは異なる視点からその統語的・意味論的特徴の両面が適切に捉えられることを示した。

2008年4月21日 (月)

名詞句と存在文―ノ・コト、準体句、ク語法―

「土曜ことばの会」(2008年4月19日(土))で私(金水)が発表したものの、スライドをアップします。パワーポイントをPDF化したものです。

「dokotoba2008.4.19.pdf」をダウンロード

2007年3月17日 (土)

Roberts, Ian (2007) Diachronic Syntax

Roberts, Ian (2007) Diachronic Syntax, Oxford University Press Inc., New York.

Contents
Preface  xi
List of Abbreviations and Acronyms xii
Introduction 1
1. Comparative and historical syntax in the principles-and parameters-approach 19
1.1. UG and variation in grammatical systems  19
1.2. The null-subject parameter 24
  1.2.1. The null-subject parameter in the synchronic dimension 24
  1.2.2. The null-subject parameter in the diachronic dimension: changes in the history of French 33
1.3. Verb-movement parameters 40
  1.3.1. Verb-movement in the synchronic dimension 41
   1.3.1.1. Verb-movement to T 41
   1.3.1.2. V-movement to C: full and residual V2 48
   1.3.1.3. Further properties related to verb-movement 55
  1.3.2. Verb-movement in the diachronic dimension 56
   1.3.2.1. V-to-T in earlier English 56
   1.3.2.2. V2 in diachrony 58
1.4. Negative concord 64
  1.4.1. Negative concord synchronically 64
  1.4.2. Negative concord in the diachronic dimension: the development of French n-words 77
1.5. Wh-movement 81
  1.5.1. The wh-movement parameter 81
  1.5.2. Wh-movement in the diachronic domain: Old Japanese 90
1.6. Head-complement order 92
  1.6.1. Head-complement order synchronically 92
  1.6.2. Head-complement order diachronically 102
1.7. Summary 108
  Further reading 110

2. Types of syntactic change 121
2.1. Reanalysis 122
  2.1.1. The nature of reanalysis 122
  2.1.2. The Transparency Principle 127
  2.1.3. Phonology and reanalysis 129
  2.1.4. Expressing parameters 132
  2.1.5. Reanalysis and the poverty of the stimulus 140
  2.1.6. Conclusion 141
2.2. Grammaticalization 141
2.3. Argument structure 149
  2.3.1. Thematic roles and grammatical functions 149
  2.3.2. Changes in English psych verbs and recipient passive 152
2.4. Changes in complementation 161
2.5. Word-order change: OV > VO in English 175
  2.5.1. Introduction 175
  2.5.2. Early typological approaches to word-order change 176
  2.5.3. Generative accounts and directionality parameters 180
  2.5.4. 'Antisymmetric' approaches to word-order change 189
  2.5.5. Conclusion 197
2.6. Conclusion to Chapter 2  198
  Further reading 198

3. Acquisition, learnability, and syntactic change 207
Introduction 207
3.1. First-language acquisition from a principles-and parameters perspective 209
3.2. The logical problem of language change 226
3.3. The changing trigger 236
  3.3.1. Contact-driven parameter-resetting 236
  3.3.2. Cue-driven parameter-resetting 242
  3.3.3. Morphologically-driven parameter-resetting 245
  3.3.4. Conclusion 251
3.4. Markedness and complexity 251
  3.4.1. The concept of markedness 251
  3.4.2. Markedness and parameters 253
  3.4.3. The Subset Principle 256
  3.4.4. Markedness and core grammar 261
  3.4.5. Markedness and inflectional morphology 261
  3.4.6. Markedness, directionality, and uniformitarianism 264
  3.4.7. Conclusion
3.5. Parameter setting and change 266
  3.5.1. A format for parameters 267
  3.5.2. A markedness convention for syntax 272
  3.5.3. From unmarked to marked 275
  3.5.4. Networks of parameters 277
  3.5.5. Conclusion to Chapter 3 282
3.6. Conclusion to Chapter 3  282
  Further reading 284
4. The dynamics of syntactic change 291
4.1. Gradualness 293
  4.1.1. Introduction 293
  4.1.2. Lexical diffusion  297
  4.1.3. Microparametric change 300
  4.1.4. Formal optionality 305
  4.1.5. The Constant Rate Effect  309
  4.1.6. Conclusion 314
4.2. The spread of syntactic change 315
  4.2.1. Introduction 315
  4.2.2. Orderly differentiation and social stratification 319
  4.2.3. Grammars in competition 319
  4.2.4. Formal optionality again  331
  4.2.5. Abduction and actuation  333
  4.2.6. Change in progress? Null subjects in Brazilian Portuguese 335
  4.2.7. Conclusion 339
4.3. Drift: the question of the direction of change 340
  4.3.1. Introduction 340
  4.3.2. Typological approaches to drift 342
  4.3.3. Drift and parametric change 345
  4.3.4. Cascading parameter changes in the history of English 351
  4.3.5. Conclusion 357
4.4. Reconstruction 357
  4.4.1. Introduction 357
  4.4.2. Traditional comparative reconstruction 358
  4.4.3. Questions about syntactic reconstruction  360
  4.4.4. The correspondence problem 363
  4.4.5. The 'pool of variants' problem 367
  4.4.6. Parametric comparison 368
  4.4.7 Conclusion
4.5. Conclusion to Chapter 4  376
  Further reading 377
5. Contact, creoles, and change 383
Introduction 383
5.1. Second-language acquisition, interlanguage, and syntactic change  384
5.2. Contact and substrata 389
  5.2.1. Introduction 389
  5.2.2. Contact and word-order change in the history of English 391
  5.2.3. Substratum effects: Hiberno-English and Welsh English 399
  5.2.4. A 'borrowing scale' 404
  5.2.5. Conclusion 405
5.3. Creoles and creolization 406
  5.3.1. Introduction: pidgins and creoles 406
  5.3.2. The Language Bioprogram Hypothesis 407
  5.3.3. The substratum/relexification hypothesis 419
  5.3.4. Conclusion: how 'exceptional' are creoles? 425
5.4. Language creation in Nicaragua 427
5.5. Conclusion to Chapter 5  438
  Further reading 440

2007年2月19日 (月)

すべて適切でない

2月18日付、毎日新聞の見出しです。

病気腎移植:すべて適切でない 宇和島徳洲会病院調査委

この文には、二つの解釈があり得ます。

  1. (万波医師らの病気腎移植は)すべて不適切であった。
  2. (万波医師らの病気腎移植は)すべてが適切であったというわけではなく、不適切な手術もあった。

これらの解釈の違いは、数量詞「すべて」と否定辞「ない」の作用域の広狭関係によります。

  1. [すべて [適切でない]]
  2. [ [ すべて 適切で] ない]

つまり、1では「すべて」の作用域が「ない」の作用域より広く、2では逆になります。これは、次のように表せます。

  1. すべて > ない
  2. すべて < ない

論理的には、1は狭く、2は広く、1のケースは2に含まれます。1例でも適切な手術があれば1は偽となりますが、2は真となります。

問題は、報道の言葉として、このような曖昧な表現を使うべきではないということです。私は、記事を読んでも、1、2のどちらを意図しているか、よく分かりませんでした。

皆さんは、どちらの解釈が意図されていると思いますか。

2007年2月14日 (水)

WS「叙述の類型をめぐって」

研究会情報です。

○ワークショップ「叙述の類型をめぐって」開催のお知らせ○

下記の通りワークショップ「叙述の類型をめぐって」の開催を予定しております。
皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2007年3月21日(水)10:00~16:00
※申し込み不要・参加費無料

会場:神戸市研究学園都市大学共同利用施設ユニティ(セミナー室3)
       神戸市西区学園西町1-1-1ユニバープラザ2F Tel.078-794-4970
      (神戸市営地下鉄「学園都市駅」隣 http://www.unity-kobe.jp/

(プログラム)
第一部:10:00~12:40 (発表30分・質疑応答10分)
10:00~10:40 導入  益岡隆志「叙述類型論に向けて」
10:40~11:20 発表① 岩男考哲「叙述の類型から見た「って」提題文」
11:20~12:00 発表② 眞野美穂「状態述語文の構造と叙述の類型」
12:00~12:40 発表③ 江口清子「事象叙述述語による属性叙述―ハンガリー語
動詞過去分詞形による名詞修飾を通して―(仮)」

第二部:14:00~16:00
14:00~14:40 発表④ 唐沢譲・菅さやか「社会的ステレオタイプの言語的特質」
14:40~15:20 発表⑤ 砂川有里子「語りにおける現象描写文の談話展開機能(仮)」
15:20~16:00 発表⑥ 影山太郎「語形成と属性叙述(仮)」

※駅周辺には軽食程度であればお店はありますが、ご昼食は各自ご用意下さい。
問い合わせ先:眞野 美穂(mihomano@hotmail.com