« 中学校の同窓会 | トップページ | 進研ゼミ »

2005年10月28日 (金)

トリビアからオファーその2

トリビア関連の話題です。T大のT先生からいただいたメールの転載です。

念のため、イニシャル・トークにしておきます。

---------

ところで、C大の院生から聞いたのですが、Y先生に「トリビアの泉」から出演依頼があり、それによれば著名な国語学者を集めてしりとりをさせ、どこで行き詰まるか実験したいとのこと、同先生は勿論お断りになりましたが、よほどお怒りと見えて授業で話しまくったとのことでした。

問題は他に誰に声を掛けたのか、また、最終的にこの企画が実現するか否かですが、O氏に話したところ、暫く前に自分にも依頼があったが勿論断ったと仰せでした。さて、どうなりますか。

何十時間も続くか、それとも語頭のラ行音が続出してすぐに行き詰まるか、興味深いのですが。

|

« 中学校の同窓会 | トップページ | 進研ゼミ »

コメント

すぐ行き詰まる方に賭けますね。

投稿: 金水 敏 | 2005年10月31日 (月) 14時09分

「ことば会議室」の方で知りましたが、トリビアでは、コンピュータに長い尻取りをさせたのだそうです(下の「岡島昭浩」をクリックすればその情報へ跳ぶと思います)。

その上で、国語学者に尻取りをさせようと言うのですから、これは頭に来ます。国語学者をなんだと思っているのでしょうか。

投稿: 岡島昭浩 | 2005年11月 9日 (水) 10時06分

最近「トリビア」は、学者を道化に仕立てて笑おうという、いやしい作りが目立ちますね。「ズボン」の時もそうでしたが。

投稿: 金水 敏 | 2005年11月 9日 (水) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/6703826

この記事へのトラックバック一覧です: トリビアからオファーその2:

» しりとり [ことば会議室]
SKinsui's blogで、〈国語学者によるしりとり〉というのが話題になっています。  これは、参加者の意識によって変わるものと思われます。ラリーを楽しむか、やっつけるか。という違いですね。 やっつけよう、と思えば、「縷々」「ルール」「ルゴール」「ルクソール」など..... [続きを読む]

受信: 2005年11月 7日 (月) 09時10分

« 中学校の同窓会 | トップページ | 進研ゼミ »