« きのこの部屋 | トップページ | リバイバル »

2005年10月21日 (金)

トリビアからオファー

国語学にこにこ日記から転載です。

-----------

2004年12月22日、研究室で仕事をしていたら、電話が掛かってきました。フジテレビの下請けの制作会社のようで、「トリビアの泉」への出演依頼でした。

「トリビア」に出て「はい、その通りです」という役をやって欲しい、との依頼でした。普段から「トリビアに出たい出たい」と公言してはばからない私ではありましたが、結局断りました。

私が出演依頼されたネタは、次の通りです。

「ズボンは、ズボンとはくから、ズボンと言う」

電話を掛けてきた人は、『言葉の泉』に典拠がある、と言ってました。ぼくが、「その説は信じられない」というと、「でも、『言葉の泉』的にどうなんでしょうね」とか「先生的にはきついですかねえ」などとよく分からないことを言うので、「ええ、きついです」と答えて、それで
交渉が終わりました。

私としては「名を惜しんだ」つもりですが、どうでしょうかね。

「ズボンはズボンとはくからズボン」というのは、尾上圭介先生が酔っぱらうとよく言っていたので、尾上圭介先生にふればよかったと、あとで思いました。

---------

後日譚です。

本日(1月26日)、「ズボンはズボンと履くからズボン」が放送されていました。服飾専門学校の先生が解説していて、とても恥ずかしいことをさせられていたので、「出なくてよかった」と思いました。服飾界では、「jupon説は誤り」ということになっているそうです。

でもこのネタ、「へえ」第1位、金の脳をもらっていました

|

« きのこの部屋 | トップページ | リバイバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/6501480

この記事へのトラックバック一覧です: トリビアからオファー:

« きのこの部屋 | トップページ | リバイバル »