« 「蝶々夫人」の続編 | トップページ | 役割語研究所 »

2006年7月22日 (土)

「ハウル」雑感

Buena2 昨夜、テレビで「ハウルの動く城」を初めて見ました。アニメの技術は相変わらずすばらしく、充分楽しんだのですが、何かもやもやというか、息苦しい感覚がぬぐえませんでした。キャラクターやそれにまつわるエピソードが豊富すぎて、充分整理し切れていない感じでしたね。

相変わらずキャンベル/フォーグラー式の、「英雄の旅」に当てはめながら見てました。最後の方で、ドアの向こうの闇を通り抜けたソフィーが、ハウルの生い立ちを知るシーンなどは、典型的な「英雄の旅」のパターンだなと思いました。しかし全体として、しっかりしたストーリーの芯がつかみにくく、「英雄の旅」に単純に当てはまらないところもあり、それがもやもやのもとなのだろうと思いました。

一つは、ソフィーのキャラクターの複雑さです。ソフィーは、姿も心も老婆と少女の二面性を持っています。老婆のソフィーは、他のキャラクターを惹きつけ、守り、勇気づける役割を果たす一方で、少女のソフィーは、自分自身が救いを求める、恋する少女なのです。他者を救うのに自分は救えないもどかしさが、この物語のもどかしさかもしれません。

この物語には、ヒーロー(ヒロイン)を善導する安定した「教師(mentor)」が存在しないのです。最初は、ハウルがソフィーを導くように見えて、実はハウル自身が心を病んだ青年でしかなかったのです。魔法使いのサリマンなど、見かけはその役どころなのですが、実態は「恐い母親」のような役で、ハウルを脅かすのです。つまり実態は「影(shadow)」なのです。

「英雄の旅」を構成する役回りが、解体されて、ばらばらに配当されているというところでしょうか。ある意味、とても新しいタイプの物語なのかもしれません。しかし観客の不満も、そこに生じてくるのだろうと思います。

|

« 「蝶々夫人」の続編 | トップページ | 役割語研究所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ハウル」雑感:

« 「蝶々夫人」の続編 | トップページ | 役割語研究所 »