« 空港の駐車場 | トップページ | 谷崎潤一郎伝 »

2006年7月 5日 (水)

鳥刺し

朝出勤前、NHK BSのクラシック番組を見るともなく流しているのですが、曲のタイトルを見て、奥さんがぷっと吹き出しました。

「『私は鳥刺し』て、クラシックに似合わんタイトルやなあ」

聞いてみると、「ぼくは焼き鳥」「私は鶏刺し」みたいな、居酒屋のワンシーンを想像してしまうそうです。

ご存じの方はご存じと思いますが、この「私は鳥刺し」は、モーツァルトの歌劇『魔笛』の中で、パパゲーノという登場人物が歌うアリアです。登場してすぐにパパゲーノが、

おいらは鳥刺し、ほいさっさ!

と元気よく歌う、あれです。

Papageno 「鳥刺し」とは何か?私もよく知りませんが、小鳥を捕まえて売りさばく人なんでしょうか。オペラの中でパパゲーノは、全身鳥の羽につつまれた衣装を身につけ、背中に鳥かごを背負い、鳥を呼び寄せる笛を持っています(画像参照)。姿の変態チックなことにかけては、クラシックのオペラの中で随一といってもいいでしょう。役どころも、完全な道化役、トリックスターです。

奥さんに言われるまで気が付かなかったけど、「鳥刺し」と「鶏刺し」、似てるというか、まんまですね。これからこの曲を聞く度に、居酒屋シーンが頭に浮かびそうです13008_7765

|

« 空港の駐車場 | トップページ | 谷崎潤一郎伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/10799856

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥刺し:

« 空港の駐車場 | トップページ | 谷崎潤一郎伝 »