« NY旅日記:アルバム | トップページ | 「役割語研究所」更新 »

2006年8月14日 (月)

dVC分析:岩波『文学』

このページに書きつづってきたことを、短いエッセーにまとめたものが雑誌に掲載されました。。

金水 敏 (2006) 「ファンタジーとしての『ダ・ヴィンチ・コード』」『文学』第7巻第4号(7, 8月号) 2006年7月26日、岩波書店

「特集=ファンタジーの世界」の記事の一つとして、編集者に依頼されたものです。編集者の希望は役割語について書いてくれというものでしたが、『ダ・ヴィンチ・コード』のほうがひねりがきいてるかなと思ってこちらにしました。

よろしかったら、どこかで雑誌を手にとってお読み下さい。

(なお、補注の番号が狂っている箇所があります。申し訳ありません)

|

« NY旅日記:アルバム | トップページ | 「役割語研究所」更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/11428552

この記事へのトラックバック一覧です: dVC分析:岩波『文学』:

« NY旅日記:アルバム | トップページ | 「役割語研究所」更新 »