« シネマガイド | トップページ | ファン »

2006年9月10日 (日)

プロコフィエフ

今、たまたまテレビCMで、プロコフィエフを使ったものが2本流れています。

644 一つはvodafoneで、「予想外」をテーマにしたCM。会議編と砂場編がありましたね。とても印象的なメロディーですが、あれはバレー組曲「ロメオとジュリエット」の1曲です。

もう一つは、関西限定かと思いますが、関西電力のCM。「ピーターと狼」から、猫のテーマとピーターのテーマが編曲して使われています。

829 CMにクラシックが使われる場合、バロックか、古典派か、ロマン派までがせいぜいで、いわゆる近現代曲はあまり多くない印象があります。プロコフィエフはかなりめずらしいのではないでしょうか。

たまたまこの2曲は、東大オケやアマデウスでやっていた曲なので、とても印象が深いです。また「ピーターと狼」の方は、もっとも幼くして聞き始めた(そして何度も何度も聞いた)クラシック曲の一つでもあります。プロコフィエフは、ロシア人作曲家にしては、民族的な色合いも少しありながらモダンでクールで、好きな作曲家の一人です。0000000000192781

|

« シネマガイド | トップページ | ファン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/11829792

この記事へのトラックバック一覧です: プロコフィエフ:

« シネマガイド | トップページ | ファン »