« ゾロ目 | トップページ | 日記まとめ書き:春半ば »

2007年3月22日 (木)

準○○

ここで取りあげていた、dwarf planet の訳語ですが、日本学術会議の小委員会で、

準惑星

に決まった、とのニュースが今朝、報道されました。今まで非公式には、「矮惑星」という呼称が使われることがありました。

言語の dwarf は、西洋のおとぎ話に出てくる妖精で、鉱夫や鍛冶屋をやっている、髭を生やした小人族です。「七人の小人」も dwarf だし(下の画像参照)、「ロード・オブ・ザ・リング」にも登場しますね。「準」は、「~に準ずる」という意味の接頭語ですから、原語のニュアンスとはかなり異なります。「矮惑星」の方が、発想としては近いでしょう。

ちなみに、この四月から、日本の大学の「助教授」はすべて

準教授

になります。今まで「準」の付く言葉というと、すぐに思いつくのは「準硬式野球」「準急」「英検準二級」くらいでしたが、一気に日常的なことばとして広まりそうです。

案外、日本学術会議の先生がたにも、「準教授」のことが頭の隅にあったのではないでしょうか。

あるいは、会議の中で

「“準教授”というのがあるから、“準惑星”ってのはどうだろう?」
「お、いいかもしれませんね」

なんて、会話が交わされたのかもしれません。

Dwarf_1

|

« ゾロ目 | トップページ | 日記まとめ書き:春半ば »

コメント

準教授ですか。准教授は使わないんでしょうか。手元の翻訳本などでは米国では准教授と呼ばれているようですが。

投稿: Do | 2007年3月24日 (土) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/14347753

この記事へのトラックバック一覧です: 準○○:

« ゾロ目 | トップページ | 日記まとめ書き:春半ば »