« エヴァ様ご来店 | トップページ | デッドマンズ・チェスト »

2007年7月22日 (日)

のらガメ

ふしぎな体験をしました。駅から、勤務先のキャンパスにあがっていく途中、道の脇に待兼山の森があって、低い石垣で縁取られています。その石垣の上に、

カメ

がたたずんでいました。目があっちゃいました。

慌てて、カバンからデジカメを出して、撮影しようとしましたが、カメは

驚くほどの早さで

山の中に消えていきました。すたこらさっさ、という感じです。

辛うじて、おしりだけ捉えたのがこの写真。

Dsc03926

カメの種類ですが、イシガメやクサガメのような在来種ではありません。顔に黄色い縞模様がありました。赤い斑点はなかったので、うちで飼ってるアカミミガメとは違います。たぶん、キバラガメです。誰かが捨てたものでしょう。いわば、

のらガメ

です。待兼山にはのら猫がたくさんいますが、のらガメは初めてみました。池もないのに(道の右手に大きな池はありますが、見つけたのは道の左側の石垣の上です)、どうやって生きているのでしょう?

発見場所は下記のポイントです。

http://maps.google.co.jp/maps/ms?msa=0&ll=34.806307,135.451008&spn=0.002586,0.00457&t=h&z=18&om=1&msid=106198127541001807609.000435d041f82e8aac7ff

|

« エヴァ様ご来店 | トップページ | デッドマンズ・チェスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/15841415

この記事へのトラックバック一覧です: のらガメ:

« エヴァ様ご来店 | トップページ | デッドマンズ・チェスト »