« 映画3題 | トップページ | 刑事告発 »

2007年10月10日 (水)

そんなバナナ

弘前の方から、「バナナ最中」のおみやげをいただきました。

以前、「知っとこ」という土曜の朝の番組で、「ご当地スィーツ」を紹介するコーナーがあって、そこで知りました。弘前から来られる方に、是非、とおねだりしたのです。

なかなかの、もんでした。まず、レトロな箱のデザイン。

Dsc04184

中に入っている、しおりのようなものも、レトロな味わい。

Dsc04185

「名菓」ではなくて、「珍菓」だそうです。

Dsc04186

端正なたたずまいです。

Dsc04187

皮にくっきり、「バナナ」の刻印。

Dsc04188

二つに割ると、強烈と言っていいバナナの芳香とともに、上品な白あんが現れます。

Dsc04189

昭和の御代に、高価で手の届かないバナナへの憧れから作られたお菓子だそうです。

食べた家族の感想としては、

においがきつい。香料が不自然

というものでしたが、いや、これはこれでなかなか、いけると思いますよ。

大阪などで売っている、「バナナカステラ」にも通じるものがあると思います。(ここも参照)

|

« 映画3題 | トップページ | 刑事告発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/16724183

この記事へのトラックバック一覧です: そんなバナナ:

« 映画3題 | トップページ | 刑事告発 »