« 恥じらい | トップページ | サンフランシスコから:その1 »

2008年2月29日 (金)

北海道から京都へ

2月25日夕方、北海学園大学のT先生に頼まれて、京都で役割語についての講演をしました。同学・人文学部の皆さんが研修旅行で京都に来られるのに合わせて、関西在住の講師を宿舎に招き、講演をしてもらうという企画だったわけです。

場所はパレスサイドホテルで、学生さんは40~50人といったところでした。北海学園大学といえば、大泉洋ひきいるTeam Nacs や、Office Cueの社長・鈴井貴之の出身校です。T先生には以前から、大泉洋に関する地元ならではのレア情報やレアグッズを提供していただいています。講演の前に、「つかみ」の意味で、我が家がいかに大泉洋ファンであり、「どうばか」であるかということをご紹介しました。少しざわざわっとしましたが、「受けた」という感じではなかったです。

講演が終わってから、1人の男子学生が手を挙げて、「「水曜どうでしょう」のエピソードの中では何が一番好きですか」と聞いてきました。即座に、「カントリーサインですかねぇ」と答えましたが、あとで考えて「夏野菜にすればよかった」と悔やみました。

あと、講演会後の先生と学生を交えた食事会では、1人の女子学生が、Team Nacsのファンであると告白して、メンバー全員のサインの写メを見せてくれました。

「どうでしょう」がらみの反応はこれだけでした。ちょっと学生さんがシャイだったのか、北海学園大学生だからといって、全員大泉洋が好きというわけではないのか、まあ後者なんでしょうね。

ただ、先生方とは大変有意義で楽しい会話ができました。先生のお一人は、「現在の北海道文化をリードしているのは、北大ではなくて北海学園大学だ」と豪語しておられました。私も同感です。

※分からない固有名詞は、Wikipediaを引いて下さいね。

Dsc04390

|

« 恥じらい | トップページ | サンフランシスコから:その1 »

コメント

空気の読めない学生と引率教員で申し訳ありませんでした。
後日、さるお寺に行ったときにも「傳教」が読めなかったり、
いろいろ恥ずかしいことがありました・・・。
 ただ、北大よりも・・・云々の部分は「学生が作り出す文化」と
限定してお考えいただいた方が適切と思います。

公私ともに慌ただしい所本当にありがとうございました。幻の
お菓子「じゃがポックル」もご堪能ください。

投稿: とく | 2008年3月 2日 (日) 22時45分

>空気の読めない学生と引率教員で申し訳ありませんでした。

いえ、とんでもないです。大変お世話になりました。

> ただ、北大よりも・・・云々の部分は「学生が作り出す文化」と
限定してお考えいただいた方が適切と思います。

なるほど、確かにハイカルチャーとなると、だいぶ話が違いますね。

>幻のお菓子「じゃがポックル」もご堪能ください。

おお、そのことを書くのを忘れていました!スナック菓子でこんなに感動したのは初めてです!Wikipediaも参照しつつ、家族全員で堪能しました。ありがとうございました。

投稿: SKinsui | 2008年3月 4日 (火) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/40312286

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道から京都へ:

« 恥じらい | トップページ | サンフランシスコから:その1 »