« 京大坂の文人 続々 | トップページ | Merry Widow »

2008年6月29日 (日)

酸いも甘いも

昨日、東京で、言語学の講義をしました。終了後、大阪から来ていた私の院生4人と、講義のお世話をしていた東京大学の院生さんたちと、関係の先生方とで打ち上げをしました。

その中で、学生の自己紹介をしようということになり、東大の院生のお一人(女性)が、次のように言いました。

「私は、「○○」と「甘い」の対照研究をしています」

※「○○」の部分がはっきり聞こえない。

私がつい言ってしまったことば。

「えっ、「酸(す)い」と「甘い」の対照研究?」

(心の中で)味覚の研究?これって言語学?

周りで笑いが起こりました。よく聞き直してみたら、

sweet (スィート)と「甘い」の対照研究

だったのです。つまり、日英の語彙的意味の対照です。私のは、「酸いも甘いも噛み分ける」という慣用句に引かれた“聞きまつがい”ですね。若い人には思いもよらない誤解だったでしょう。だいだい「酸(す)い」って、標準語じゃないし。

逆に、

わたしはスィートも甘味も噛み分けた女だから……heart

なんてはやらせるのもいいかも。ケーキもあんこも大好き、みたいな。

|

« 京大坂の文人 続々 | トップページ | Merry Widow »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/41684638

この記事へのトラックバック一覧です: 酸いも甘いも:

« 京大坂の文人 続々 | トップページ | Merry Widow »