« 退院 | トップページ | 健康小話 »

2009年6月28日 (日)

今日聴いた音楽

今朝、「題名のない音楽会」で、山下洋輔トリオによる、彼らの代表作「キアズマ」を聞きました。

いわゆるフリージャズですね。学生時代、「アンブレラダンス」とかよく聞いてました。

なかなかよかったですが、タモリがゲストで登場して、山下洋輔との出会いについて述べていたのが面白かったです。山下とタモリの発言で共通していたのが、「自分の音楽/芸が、自分より上の世代にまったく理解されなかった」という点です。

これって、社会学で言われる「1970年問題」ですよね。「キアズマ」が1975の発表。糸井重里が注目を浴びたのも、大体同じ頃です。庄司薫の「赤頭巾ちゃんシリーズ」がそれに少し先立ちますが、まあ同じ気分が感じられます。70年代の前と後とで、日本の文化の質が大きく変化した、ということです。

さて、午後、東京日帰り出張に行ってかえって、夜は「N響アワー」でリゲティのヴァイオリン協奏曲を聴きました。庄司紗矢香の演奏がすばらしかったです。音楽と一体となった、伸びやかでいながら強いテンションに支えられた演奏でした。曲は、知的で緻密なのにつややかな叙情性にあふれていました。弾き終わったあとの、庄司さんの笑顔もすてきでした。機会があれば、ぜひ生で聞いてみたいです。

|

« 退院 | トップページ | 健康小話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/45483323

この記事へのトラックバック一覧です: 今日聴いた音楽:

« 退院 | トップページ | 健康小話 »