« 水都大阪2009記念国際シンポジウム | トップページ | バス旅行メモ »

2009年8月29日 (土)

木管精神注入会 旗揚公演

ここのところ、変なアンサンブルの動画をアップしております。事情をおわかりでない方が大多数かと思いますので、少し説明しておきます。

大学時代、オーケストラでフルートを吹いておりましたが、当時木管パートの人間は、自分たちのことを“木管精神注入会”と称しておりました。ことし、その同窓会が1月と8月に実施されました。私は1月だけ出て、その様子はこちらに書きました。

同窓会の連絡や、その余韻を引きずって、注入会のメーリングリストまで出来てしまい、ほぼ毎日のようにメッセージが飛び交っているのですが、折も折、私がカセットテープをMP3に変換する機器を購入したのをきっかけに、古いカセットテープを物入れから引っ張り出してきたところ、1977年12月3日に開催された、「木管精神注入会旗揚公演」の演奏会のテープが出てきた訳です。

元来、木管精神注入会は、単なる“自称”で、仲間うちの遊びのようなものだったのですが、そのころ、メンバー同士がオケの部室でおしゃべりしているうちに、実際に演奏会をやろう、という話になってしまったのです。

今回発見された演奏会の録音を、メンバーのみなさんにお聞かせしようとして、いろいろ手段を考えた結果、思いついたのが YouTube の利用でした。YouTube は動画投稿サイトなので、音声にむりやり写真を貼り付けて動画にし、アップしました。動画の作成は初めてでしたが、Windows の付属ソフトで思いの外に簡単にできてしまいました。

当時、私は21歳、出演メンバーは20歳~25歳といったあたりです。未熟なアマチュアの演奏で、とうてい、客観的な鑑賞に堪える演奏ではありませんが、32年前の自分たちを振り返って聞いてみたとき、ある種の胸にこみ上げるものはあります。あくまで自己満足ですが、良くも悪くも若々しく、真摯でまっすぐな演奏ではあると感じます(唯一、フランセの四重奏曲が当時名人と言われたメンバーのもので、いけてると思います)。

1977年、この演奏会の練習や準備を進める一方で、オケとしては1月の定期演奏会に向けて熱心に練習をしていました。シューベルト「未完成」と、マーラー・交響曲第6番「悲劇的」(学生初演)です。私は、大学の勉強は最小限に絞り込み、生活の大半をオーケストラの活動に捧げていました。その上でこの「注入会」の演奏会です。こそばゆい表現ですが、わたしの“青春”まっただ中であったと思います。

ところで、メンバーのお一人が、この演奏会のチラシとチケットを保存しておられました。なんという物持ちの良さでしょう!チラシのデザインとコピーは、私が担当しました。なんという、気恥ずかしいコピーでしょう!背中から、嫌な汗が噴き出します。重要な情報は何一つ書いていない、「来るな」と言わんばかりの、傲慢なチラシです。若気の至りですねbearing

Chuchirashi

Chuticket

別のメンバーから、当日のプログラムもご提供いただきました!

Chunyu_pro_1

Chunyu_pro_2

Chunyu_pro_3

Chunyu_pro_4 

|

« 水都大阪2009記念国際シンポジウム | トップページ | バス旅行メモ »

コメント

木管精神注入会って、エスプリ注入会だったのですね。
当時高校2年生で、エアチェックした(←死語?)若杉弘=ケルン放送交響楽団の「ダフニスとクロエ第2組曲」を登校前に毎朝(!)聞いていた者として他人事とは思えません。当時は池袋以北を根城にしてましたので、もっと南にまで展開していればポスターにも出会えたかとと悔やまれます(生音が聞きたくてもお金がないので、音大の学園祭に出没したていたことを思い出しました)。
ところで「木管精神注入会」って、仲間うちだけの俗称だと思っていたのですが、プログラムにも出たのですね。ちょっとびっくり。誰に媚びる必要のない、アマチュアの特権ですね?

投稿: satopy | 2009年9月 3日 (木) 21時27分

satopyさま、ありがとうございます。

ほんと、出会えていたらよかったですねえhappy02

>アマチュアの特権ですね?

いや、ほんとにバカ気の至りですsweat01

投稿: SKinsui | 2009年9月 3日 (木) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/46061728

この記事へのトラックバック一覧です: 木管精神注入会 旗揚公演:

« 水都大阪2009記念国際シンポジウム | トップページ | バス旅行メモ »