« 無呼吸レポート | トップページ | ピエルネ、グノー »

2009年8月23日 (日)

クープラン「諸国の人々」より“フランス人”

なんか、写真から動画を作るのが面白くなってきて、くせになりそうです。

1977年、学生時代の室内楽の演奏会から、クープランの合奏曲をお送りします。私が2本のフルートのうちの1本を担当しています。

写真は、宴会写真ばかりでも無粋なので、風景にしました。2004年にストラスブールで私が撮った写真です。「世界の名曲」みたいな感じですね。

(公開は終了しました)

|

« 無呼吸レポート | トップページ | ピエルネ、グノー »

コメント

「世界の名曲」ありがとうございます。とても楽しく、懐かしく聞かせてもらいました。
 
管のソロと弦のトゥッティをうまくアレンジしたりして、なかなかやるものですね、「彼ら」も。

しかし、フランスものはやはり難しく、我々がやるとどうしてもドイツ的な重い演奏になってしまいがちですが、それがちょうどフランスとドイツの境界あたりに位置するストラスブールの雰囲気とうまくマッチしているようでもありますね。

投稿: マストルナ | 2009年8月24日 (月) 11時16分

マストルナさま、ありがとうございます。

ドイツ的!確かにそうですね!二十歳やそこらの無粋な学生に、フランス・バロックの流麗・典雅な味など出せるべくもありませぬ。適度に退廃したオヤジとなった今なら、まだましかも……
いやいや、そんな訳もないかsad

アレンジがいけてる、というのは、私も感じました。だれのアイディアだったか忘却の彼方ですが、なかなか効果的に構成されてますねnote

投稿: SKinsui | 2009年8月24日 (月) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/46004224

この記事へのトラックバック一覧です: クープラン「諸国の人々」より“フランス人”:

« 無呼吸レポート | トップページ | ピエルネ、グノー »