« 社会とアートのあり方 | トップページ | 出発の歌 »

2010年3月15日 (月)

大学のコミュニケーションデザイン―5年間の奇跡

私の勤務先が主催するイベントです。

私は出演しませんが、会場には居ると思います。

============

『大学のコミュニケーションデザイン――5年間の奇跡』

【講師】
■平田オリザ(ひらた おりざ:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)
■森栗茂一(もりくき しげかず:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)
■本間直樹(ほんま なおき:大阪大学大学院文学研究科准教授)
■清水良介(しみず りょうすけ:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任助教)

【内容】
「コミュニケーションの回路をデザインするとは?」「演劇、まちづくり、カフェ、VI」等々、一般の方も関心をもって頂けるようなトピックスを取り上げ、大阪大学コミュニケーションデザイン・センタの5年間の歩みを振り返る。

【日時】
2010年 3月25日(木)18:00~19:30  17時30分開場

【場所】
ジュンク堂書店 大阪本店3階喫茶コーナーにて

【定員】
先着40名様(定員になり次第、受付を終了させていだきます)

【入場料】
無料

詳細は下記アドレスをご参照ください。

http://www.osaka-up.or.jp/talkevent.html

【お申込み】
ジュンク堂書店大阪本店 
TEL:06-4799-1090

主催 大阪大学出版会/ 大阪大学コミュニケーションデザイン・センター

|

« 社会とアートのあり方 | トップページ | 出発の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/47819945

この記事へのトラックバック一覧です: 大学のコミュニケーションデザイン―5年間の奇跡:

« 社会とアートのあり方 | トップページ | 出発の歌 »