« キノコ2種 | トップページ | 公開シンポジウム「日本語の将来」 »

2010年7月20日 (火)

シロハツモドキ

今日、勤務校で、巨大キノコを発見して驚嘆しました。

図鑑で調べてみたら、「シロハツモドキ」のようです。珍しいかと思いましたが、図鑑には「本州以南の暖帯林にきわめて普通にみられる」(『日本のキノコ』山と渓谷社)とのことです。近い種類のシロハツとどちらかまよう所ですが、大きさの点で、シロハツモドキであると判断しました。シロハツはおいしいらしいですが、シロハツモドキは軽い毒性があるとのことです。

平たい饅頭のような幼菌も含めて、あたりに20~30本は優に生えていたと思います。

Sirohatumodoki1

Sirohatumodoki2

Sirohatumodoki3

|

« キノコ2種 | トップページ | 公開シンポジウム「日本語の将来」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/48926318

この記事へのトラックバック一覧です: シロハツモドキ:

« キノコ2種 | トップページ | 公開シンポジウム「日本語の将来」 »