« 夏の出来事(1)~愛媛大学訪問~ | トップページ | 夏の出来事(3)~国立科学博物館~ »

2010年9月12日 (日)

夏の出来事(2)~ロボット演劇鑑賞~

8月23日、名古屋の愛知芸術文化センターに、ロボット演劇「森の奥」を見に行きました。

あいちトリエンナーレ2010の一環として上演されたものです。夜19時の開演でした。

一昨年のロボット演劇第一弾「働く私」は、ロボットの能力の制限から、30分の上演になりましたが、今回は1時間半と、めいっぱいの能力を使っています。

アフリカの奥地、ボノボの研究所でいろいろの専門分野の研究者や観光開発業者が延々と議論を戦わせる、非常に思弁的なシナリオで、そこにロボットが自然に参加していきます。

テーマは、人間と非人間を分ける境界は何か、ということで、人間、類人猿、ロボットが対比されながら、その境界は限りなく滲み、曖昧になっていくようにしくまれています。

上演後、アフタートークがあって、キュレーターの方が司会をし、平田さんと、東海地方で演劇活動をされている演出家の方が対談をしていました。フロアから、少し辛辣な質問も飛び出しましたが、平田さんがきっちり答えていたのが印象的でした。

ホワイエに設けられた図書販売のブースで、私が企画し、原稿も書いた『ロボット演劇』のムックが結構売れていてうれしかったです。

Pap_0003

|

« 夏の出来事(1)~愛媛大学訪問~ | トップページ | 夏の出来事(3)~国立科学博物館~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/49425736

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の出来事(2)~ロボット演劇鑑賞~:

« 夏の出来事(1)~愛媛大学訪問~ | トップページ | 夏の出来事(3)~国立科学博物館~ »