« 仰ぎ見る我が師 | トップページ | まちかねておはこ祭 »

2012年6月25日 (月)

テングダケの季節

すんでいるマンションの敷地内駐車場から敷地外に出る通路の脇に植え込みがあります。その植え込みの下に、にょっきり白いきのこが出ているのを車の中から見つけて、あっと思いました。

Tengu01

一日たつと、すっかり傘が開きました。大きい方は、直径8cm、傘の厚みは4cmほどになります。

Tengu02

Tengu03


シロテングダケではないかと思いますが、どうでしょう。ドクツルタケにも似ていますが、たぶんちがうと思います。テングダケの仲間であることは間違いありません。とても肉厚でどっしりしたキノコです。

後日、非常勤先の関西学院大学上ヶ原キャンパスでも見つけました。どこにあるかわかりますか。

Pap_0089

接近して撮りました。

Pap_0090_3

きれいな栗色ですね。コテングダケか、コテングダケモドキかなと思います。傘が開いたところが見られなくて残念でした。

おまけです。関西学院大学のきれいな芝生広場に生えていた、シバフタケです。

Pap_0085

Pap_0086

|

« 仰ぎ見る我が師 | トップページ | まちかねておはこ祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145561/55048652

この記事へのトラックバック一覧です: テングダケの季節:

« 仰ぎ見る我が師 | トップページ | まちかねておはこ祭 »