« 2017年3月 | トップページ

2017年5月

2017年5月24日 (水)

第4回 Dean's Night のお知らせ

Deansnight420170728

 Dean's Nightでは、私、金水敏(大阪大学文学部長)が、今お話を伺いたい方を文学部にお招きして、ご参加のみなさんとともに楽しいひとときを過ごします。

   第4回(2017年7月28日(金))のゲストは、ゲストに釈徹宗さん(僧侶・宗教学者)と久坂部羊さん(小説家・大阪大学医学部卒)をお招きし、「死に向かう人にとって医療はどうあるべきか」「親しい人を看取る心構えとは」「この世に残された人は、逝った人のために何をなすべきか」といったことを、タタミとちゃぶ台の間で明るく楽しく語りあいます。家族と自分の死や健康が気になる方、ふるってご参加ください。

ゲストのプロフィール:

釈 徹宗(しゃく てっしゅう)さん

20130410_581196

僧侶・宗教学者。相愛大学人文学部教授。『いきなり始める仏教入門』(内田樹と共著。角川ソフィア文庫、2012年)、『お世話され上手』(ミシマ社、2016年)、『70歳!〜人と社会の老いの作法〜』(五木寛之と共著。文春新書、2016年)他、著書多数。 NHKニュースシブ5時で「渋護寺」コーナー担当。  芸能やポピュラーカルチャーと仏教との関わりについても関心が深く、『落語に花咲く仏教-宗教と芸能は共振する-』 (朝日新聞出版、2017年)で第5回「河合隼雄学芸賞」を受賞する。

久坂部羊(くさかべ よう)さん

Img_5743small

小説家。医師。医療小説の出版多数。『悪医』(朝日新聞出版、2013年)が日本医療小説大賞を受賞する。また『破裂』(幻冬舎、2004年)と『無痛』(幻冬舎文庫、2008年)が2015年、相次いでテレビドラマ化され、話題となる。一方で『人間の死に方〜 医者だった父の、多くを望まない最期〜』(幻冬舎新書、2014年)他、医療に関わるノンフィクション・エッセーも多数公刊している。

 このイベントは、どなたでも参加していただけます。下記の要領をごらんください。

日時:2017年7月28日(金)17:30〜

第1部:ちゃぶ台で語り合おう、介護・看取り・祈り  17:30〜19:00ごろ

 金水が聞き役となって、介護や終末期医療、親しい者の看取り、葬礼や法要などの宗教儀礼についてのお二人のお考えをお聞きしつつ、フロアとの意見交換を行います。

 場所:大阪大学全学教育推進機構・サイエンス・コモンズ・スタジオ B

  キャンパスマップの「サイエンス・コモンズ」とある建物の1階です。

 参加方法:学生、教員、職員、学内外を問わず、どなたでも参加できます。事前申し込み不要・定員60名・先着順で受け付けます。17時に開場します。

第2部:ゲストを囲んで軽食と飲み物の会 19:00過ぎ〜20:00過ぎ

 ソフトドリンク、ビール、ワイン、サンドイッチ、ピザ等の飲み物と軽食を準備します。実費学生1,000円、一般の方2,000円程度申し受けます。差し入れ歓迎(差し入れして下さった方の割引あります)。

 場所:大阪大学大学院文学研究科・大会議室

  キャンパスマップ4番の建物(文法経済学部本館)北側2階にあります。

 参加方法:学生、教員、職員、学内外を問わず、どなたでも参加できます(要予約)。リンク先のフォームからお申し込みいただくか、直接、金水までお知らせください。

 申し込みしめ切り:2017年7月21日(金)

 連絡先メールアドレス: kinsui(at)let.osaka-u.ac.jp (金水 敏)

                                                 (at)を半角@に変えて下さい。

 主催:金水 敏(大阪大学大学院文学研究科長)

 協力:大阪大学大学院文学研究科/大阪大学全学教育推進機構

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ