2019年12月 9日 (月)

マンガカフェ28「今年のマンガ界を振り返るぞ! 2019」

ことしも「マンガカフェ」やります。参加自由です! 「今年のマンガ」を持ってぜひお越しください。

=====

マンガカフェ28「今年のマンガ界を振り返るぞ! 2019」

日時12月15日[日] 18:30─20:30
定員50名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料)

 

ゲスト
雑賀忠宏(京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)
吉村和真(京都精華大学学部教授)
ユー・スギョン(京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)

 

カフェマスター
伊藤遊(京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)
金水敏(大阪大学文学研究科教授)

 

共催:京都精華大学国際マンガ研究センター

 

今年も、マンガ読みのプロが集合、2019年のマンガ界を縦横無尽に語り尽くす! みなさんも、「今年一番のマンガ」(2019年1月1日以降発表)をお持ちの上、ご参集ください。

 

http://artarea-b1.jp/archive/2019/12151528.php

2019年11月26日 (火)

『〈役割語〉トークライブ!』第19回が公開されました。

「〈役割語〉トークライブ!」第19回が公開されました。

今回から、メンフィス大学の松田結貴の登場で、日本語の文字の使い分けと役割語の関係についてお話しいただいています

タイトルは、


「虚構の物語と「役割語」—表現リソースとしての日本語の文字—」

です。大変興味深い内容となっております。ぜひお読みください。

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1911.html

2019年10月21日 (月)

計量的アプローチによる役割語の分類と抽出の試み

役割語に関連する新たな論文が刊行されましたのでお知らせいたします。

1. 麻子軒 (2019) 「計量的アプローチによる役割語の分類と抽出の試み−テレビゲーム『ドラゴンクエスト3』を例に—」『計量国語学』第32巻2号: 103-116、計量国語学会.

https://www.math-ling.org/#doc2

日本語からブラジル・ポルトガル語への翻訳における「役割語」への対応手法

みなさま、
役割語の翻訳に関する新しい論文が公刊されましたのでお知らせします。
 
『通訳翻訳研究への招待』
『通訳翻訳研究への招待』は日本通訳翻訳学会が発行するelectronic journalです。年2回発行します。

21号 目次 Contents of Vol. 21 (October 2019)

日本語からブラジル・ポルトガル語への翻訳における「役割語」への対応手法-漫画における「異人ことば」を例として
Flavio DE NAZARETH FIGUEIRA pp. 41-60

2019年9月27日 (金)

「〈役割語〉トークライブ!」第17回が公開されました。

研究社ウェブマガジン「Lingua」で連載中の、「〈役割語〉トークライブ!」第17回は、依田恵美さんによる「映画『シン・ゴジラ』の役割語(1) 役割語からのずらしが生み出す尾藤ヒロミ」です。ぜひご覧ください。

 

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1909.html

2019年8月23日 (金)

役割語研究会のお知らせ(2019年10月30日)

下記の要領で、役割語研究会を実施いたします。

 

日時:2019年10月30日(水)18:00〜19:00

場所:大阪大学豊中キャンパス文法経研究講義棟文11教室

発表者:セバスティアン・リンドソコグ(大阪大学大学大学院文学研究科)

題目:「軍人キャラクターに於ける「諸君ら」の使用」

事前申し込み不要です。どなたでも参加できます。ふるってご参加ください。

 

連絡先:金水 敏(大阪大学大学大学院文学研究科)

    kinsui(a)let.osaka-u.ac.jp    (a)を半角@に置き換えてください。

2019年8月22日 (木)

「〈役割語〉トークライブ!」第16回公開されました

「〈役割語〉トークライブ!」第16回が公開されました。

 

「村上春樹作品と翻訳〜『海辺のカフカ』(3)」

 

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1908.html

 

『海辺のカフカ』の特徴的な話し方について、英訳本と対照しています。ぜひ御覧ください。

2019年7月27日 (土)

村上春樹と方言について

第8回村上春樹国際シンポジウム(於 北海道大学, 2019年7月20日)での「基調講演3」の予稿集原稿(修正版)をアップロードいたします。

 

村上春樹の小説における関西弁使用が、1995年の阪神・淡路大震災および地下鉄サリン事件を契機として深化していくように見えるのは、郷里や父親との関係が作家自身の中で変容していったことと関係があるのではないかとの推測を記しています。私自身の上京・帰郷や被災の経験とも重ね合わせての仮説です。一年後にはフルペーパーとして公開できる見通しです。

 

どうぞご参照ください。

ダウンロード - efbc88e4bfaee6ada3e78988efbc89e98791e6b0b4e383bbe69d91e4b88ae698a5e6a8b9e382b7e383b3e3839be3829ae8ac9be6bc942019.pdf

 

2019年7月23日 (火)

ウェブマガジン「〈役割語〉トークライブ!」第15回配信中

研究社ウェブ・マガジン Lingua に連載中の『〈役割語〉トークライブ!』第15回が配信されています。

 

前回の第14回とともに、村上春樹『海辺のカフカ』を題材にしています。

 

よろしかったらご覧ください。

 

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1907.html

2019年7月15日 (月)

「こてこて大阪弁の真~金水敏『役割語』の世界」動画公開

2019年2月9日にDAS(一般社団法人総合デザイナー協会)の主催で行われた『こてこて大阪の真~都市の美を考える会~座学「言葉から見た街」』(DAS(一般社団法人 総合デザイナー協会)主催、於長堀安田ビル(6階会議室))の講演の模様が、動画で公開されました。

Part I:

http://beacontelevision.work/yakuwarigo/index.html?fbclid=IwAR2nDBP29dXJzyTHeLvXcmzz3rjhVw9mepJRCpPEefryoq464SzAo-LlZuo

Part II:

https://www.youtube.com/watch?v=h5XDYndahtk&feature=youtu.be&fbclid=IwAR01lYlUTLujwz0FvSQZBLdw1bg7dXiXoDwbTByvlqAV7-iHG-zqvbu-nN4&app=desktop

«2019年第8回村上春樹国際シンポジウム

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31