2020年2月20日 (木)

役割語研究会のお知らせ(2020年3月20日)

下記の要領で役割語研究会を実施します。ふるってご参加ください。

 

2020年3月20日(金・祝)13:00-17:45

大阪大学豊中キャンパス文法経研究講義棟 文11教室
下記キャンパスマップ6番の建物の1階です。

https://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/about/access

 

1: セバスティアン・リンドソコグ(大阪大学大学院)

『騎士団長殺し』における登場人物の発話分析

  ―スウェーデンと日本訳の比較―

 

2: 劉 翔(大阪大学大学院)

  フィクション作品における大阪弁・関西弁の翻訳について

  ー日中対照を通してー

 

3: 住田哲郎(京都精華大学)

  文字によるキャラクターの創出とマンガにおける機能

 

4: 山木戸浩子(藤女子大学)

  日本語翻訳における文字タイプの操作

 

どなたでもご参加いただけます。事前登録等は必要ありません(ただし懇親会に参加ご希望の方は3月13日までに金水までお知らせください)。

連絡先:金水 敏(大阪大学大学院文学研究科教授)kinsui(a)let.osaka-u.ac.jp←(a)を半角@に変換してください。

 

※この研究会は科学研究費助成事業「役割語・キャラクター言語の翻訳可能性・翻訳手法についての研究」(研究代表者:金水 敏)に基づくものです。

2020年1月13日 (月)

中村桃子先生のインタビュー記事

中村桃子先生による、ジェンダー言語学に関するウェブ記事をご紹介します。

ハーマイオニーと女幹部 「女ことば」は男が作る【言語学者・中村桃子】

(1)
https://noisie-s.net/gender/164/

「おネエことば」には「ひっくり返す力」がある。ただ、【言語学者・中村桃子】

(2)
https://noisie-s.net/gender/293/

一人称が「僕」の女の子、「僕」から「俺」に武装する男の子【言語学者・中村桃子】

(3)
https://noisie-s.net/gender/327/

2019年12月31日 (火)

「〈役割語〉トークライブ!」第20回公開中

研究者ウェブマガジン Lingua に掲載中の『〈役割語〉トークライブ!』第20回が公開されています。
前号に引き続き、松田結貴さんのご寄稿です。
「虚構の物語と「役割語」—表現リソースとしての日本語の文字(2)」
http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1912.html

どうぞお楽しみください。

『村上春樹翻訳調査プロジェクト報告書』原稿募集

本年度も『村上春樹翻訳調査プロジェクト報告書』を発行する予定です。
掲載する論文を募集いたします。次のような条件に当てはまるご労作が
あればご寄稿ください。

 

・村上春樹作品の翻訳に関するご論考、または広くフィクション(村上春樹以外も可)
 における役割語やキャラクターの発話に関するご論考
・言語は日本語または英語
・分量はA4、10ポイントで10頁以内
・既に公刊されたものも可ですが、著作権に関する処理はご自分でお済ませください。
 また、大阪大学リポジトリで公開しますので、複製権、公衆送信権の行使をお許しいただく
 こととなります。
・最低限の査読をさせてきただきますことをご容赦ください(失礼ながら、条件に当てはまらない
 ご原稿については掲載をお断りすることがあります)。
・締切は2020年1月末日です。
・マイクロソフト社 wordファイルまたはテキストファイルでお送りください。
・原稿料はお支払いできませんが、本冊を5冊差し上げます。

 

皆様のご応募をお待ちいたします。

 

連絡先:
金水敏(大阪大学大学院文学研究科・教授)
kinsui(at)let.osaka-u.ac.jp ← (at) を半角@に変換

役割語研究会(2020年3月20日)の発表者募集

3月20日(金・祝)に、大阪大学豊中キャンパスで役割語研究会を予定しております。
3〜4名の発表でプログラムを組みます。ついては、もし発表ご希望の方がありましたら、
題目とともにお知らせください。また発表者については旅費の支援ができます。ご相談ください。
多数のご参加をお待ちしています。

 

金水 敏

連絡先:kinsui(at)let.osaka-u.ac.jp ←(at)を半角@に変換

2019年12月 9日 (月)

マンガカフェ28「今年のマンガ界を振り返るぞ! 2019」

ことしも「マンガカフェ」やります。参加自由です! 「今年のマンガ」を持ってぜひお越しください。

=====

マンガカフェ28「今年のマンガ界を振り返るぞ! 2019」

日時12月15日[日] 18:30─20:30
定員50名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料)

 

ゲスト
雑賀忠宏(京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)
吉村和真(京都精華大学学部教授)
ユー・スギョン(京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)

 

カフェマスター
伊藤遊(京都国際マンガミュージアム/京都精華大学国際マンガ研究センター研究員)
金水敏(大阪大学文学研究科教授)

 

共催:京都精華大学国際マンガ研究センター

 

今年も、マンガ読みのプロが集合、2019年のマンガ界を縦横無尽に語り尽くす! みなさんも、「今年一番のマンガ」(2019年1月1日以降発表)をお持ちの上、ご参集ください。

 

http://artarea-b1.jp/archive/2019/12151528.php

2019年11月26日 (火)

『〈役割語〉トークライブ!』第19回が公開されました。

「〈役割語〉トークライブ!」第19回が公開されました。

今回から、メンフィス大学の松田結貴の登場で、日本語の文字の使い分けと役割語の関係についてお話しいただいています

タイトルは、


「虚構の物語と「役割語」—表現リソースとしての日本語の文字—」

です。大変興味深い内容となっております。ぜひお読みください。

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1911.html

2019年10月21日 (月)

計量的アプローチによる役割語の分類と抽出の試み

役割語に関連する新たな論文が刊行されましたのでお知らせいたします。

1. 麻子軒 (2019) 「計量的アプローチによる役割語の分類と抽出の試み−テレビゲーム『ドラゴンクエスト3』を例に—」『計量国語学』第32巻2号: 103-116、計量国語学会.

https://www.math-ling.org/#doc2

日本語からブラジル・ポルトガル語への翻訳における「役割語」への対応手法

みなさま、
役割語の翻訳に関する新しい論文が公刊されましたのでお知らせします。
 
『通訳翻訳研究への招待』
『通訳翻訳研究への招待』は日本通訳翻訳学会が発行するelectronic journalです。年2回発行します。

21号 目次 Contents of Vol. 21 (October 2019)

日本語からブラジル・ポルトガル語への翻訳における「役割語」への対応手法-漫画における「異人ことば」を例として
Flavio DE NAZARETH FIGUEIRA pp. 41-60

2019年9月27日 (金)

「〈役割語〉トークライブ!」第17回が公開されました。

研究社ウェブマガジン「Lingua」で連載中の、「〈役割語〉トークライブ!」第17回は、依田恵美さんによる「映画『シン・ゴジラ』の役割語(1) 役割語からのずらしが生み出す尾藤ヒロミ」です。ぜひご覧ください。

 

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1909.html

«役割語研究会のお知らせ(2019年10月30日)

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29