« ステレオタイプ・メモ | トップページ | 老人語の例 »

2006年9月 3日 (日)

賛美歌

前田均さんから、明治時代の「宣教師語」を示すような資料を教えていただきました。金田一春彦・安西愛子(編)(1982)『日本の唱歌(下) 学生歌・軍歌・宗教家篇』(講談社文庫、ISBN:4061313703)の342-343頁にある「主われを愛す」という賛美歌(聖歌)です。現行の歌詞は次のようなものです。(原文とメロディーはここを参照)

主われを愛す 主は強ければ
われ弱くとも 恐れはあらじ
わが主エス わが主エス
わが主エス われを愛す

解説部分を引用します。

 明治版では第四百十八番、現行の『賛美歌』では第四百六十一番にあがっている。『聖歌』では第六百五十五番。この歌はもと、明治七年アメリカ人のクロスビー女史が日本語の歌詞をつけたものがあって、日本人が最初に歌った賛美歌であるという。ここに掲げたのは今歌われる歌詞である。
 クロスビー女史が付けた歌詞は

  エス、ワレヲ愛シマス サウ聖書申シマス
  彼レニ子供中 信ズレバ属ス
  ハイ、エス愛ス  ハイ、エス愛ス
  ハイ、エス愛ス  サウ聖書申ス

 といったものだったという。「子供中」とはわからない言葉であるがこう書いてある。

この、クロスビー女史の歌詞は、アリマス系のピジン日本語に類するものであることがわかります。

« ステレオタイプ・メモ | トップページ | 老人語の例 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賛美歌:

« ステレオタイプ・メモ | トップページ | 老人語の例 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31