« 講演会報告 | トップページ | 社会言語学の展望 »

2007年9月23日 (日)

これもなのじゃ

拙著の帯コピーは、私が考えました。実はある本のタイトルのもじりで、何人かの方は気付かれたようです。

「ホモホモ7」「風雲児たち」で知られているみなもと太郎氏の、下記の著書がそれです。

31449312 『お楽しみはこれもなのじゃ 漫画の名セリフ 』
著者/訳者名 みなもと太郎/著
出版社名 角川書店 (ISBN:4-04-883898-9)
発行年月 2004年11月
サイズ 398P 18cm
価格  1,890円(税込)

わたしはこの評論を、『マンガ少年』連載時に読んでいました。このタイトル自体、和田誠『お楽しみはこれからだ 映画の名セリフ』(文藝春秋, 1975)のもじりです。

本当は帯コピーでなく、書名にしようかとも考えていたのですが、学術書という構えがありますのでそれはあきらめました。

« 講演会報告 | トップページ | 社会言語学の展望 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これもなのじゃ:

« 講演会報告 | トップページ | 社会言語学の展望 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31