« 民謡をめぐって | トップページ | 音声文法の対照 »

2007年9月27日 (木)

秋田大学ことばの調査

日高水穂編(2004)『秋田大学ことばの調査』第3集
秋田大学 教育文化学部 日本・アジア文化研究室

【目次】
★抜粋

ことばの研究ノート
 ・『男はつらいよ』における「てしまう」バリエーションの使い分け(伊藤美樹子)pp.20-28

平成13~18年度 卒業研究(抜粋版)
 ・1970年代以降の若者向け雑誌における文体の研究(長谷川絵美佳)pp.80-90
 ・「歌謡曲」から「J-POP」への変遷と日本語ロックの展開(中泉さやか)pp.103-116
 ・女性ことばの虚構と現実(佐々木一枝)pp.117-128
   【★本論文のまとめ部分については、こちらでもご紹介しました】
 ・「声色」社会的機能―接客場面の特徴的な音声の分析―(持田祐美子)pp.143-154

« 民謡をめぐって | トップページ | 音声文法の対照 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田大学ことばの調査:

« 民謡をめぐって | トップページ | 音声文法の対照 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31