« 現代の位相研究 | トップページ | 訓読語と博士語 »

2007年10月30日 (火)

文字資料から見る在日韓国・朝鮮人の言語変種

Mさまにご教授いただきました。

 文 春琴(2007)
 「文字資料から見る在日韓国・朝鮮人の言語変種」
 姫路獨協大学外国語学部『姫路獨協大学外国語学部紀要』第20号、pp.165-185

【目次】
1. はじめに
2. 文字資料の分析方法と対象範囲
3. 日本文学に見る言語変種
 3.1. 植民地下の朝鮮における言語生活
 3.2. 植民地下の日本における言語生活
  3.2.1. 壺井繁治の『十五円五〇銭』
  3.2.2. 江口渙の『車内の出来事』
  3.3.3. 桂米団治の『代書』
 3.3. 小田 実の「オモニ太平記」
4. 在日文学にみる言語変種
 4.1. 金鶴永の『錯迷』
 4.2. 元秀一の『猪飼野物語』
 4.3. クレオールとしての在日言語
5. おわりに

« 現代の位相研究 | トップページ | 訓読語と博士語 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文字資料から見る在日韓国・朝鮮人の言語変種:

« 現代の位相研究 | トップページ | 訓読語と博士語 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31