« キャラクター・身体・コミュニティ | トップページ | 群馬女子大学で公開授業 »

2008年3月22日 (土)

J川柳

日本語教育情報誌『J-Life』2008年4・5月号、アルク(無料)より。 

Photo 巻末(32頁)に「J川柳」というコーナーがあるのですが、その担当キャラクター(川柳のお師匠さん?)が〈老人語〉を使用しています。

読者のみなさん、元気かな。日本では卒業の季節なのじゃ。友達や先生との別れを寂しく思う人もいることじゃろう。でも、別れの後には、出会いがある。新しい旅立ちの気持ちを、川柳にして投稿するのじゃ!

投稿を待っておるぞ。応募はここからじゃ!

 中級以上の学習者なら、大意は問題なくつかめると思いますが、これが平常の教室や教科書で習っている言い方とはちょっと違う、ということには、どのぐらい気づかれるものなのでしょうか。
 「わし」は老人的、というふうに習っている人はけっこういるようですが、以前「~じゃ」を「~じゃん」として理解している人がいました(その場合、「ん」の聞き取りの問題も関わるようですが)。(SK、IT)

« キャラクター・身体・コミュニティ | トップページ | 群馬女子大学で公開授業 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J川柳:

« キャラクター・身体・コミュニティ | トップページ | 群馬女子大学で公開授業 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31