« 桃屋アーカイブ | トップページ | Wikipedia に立項 »

2008年5月24日 (土)

萩原朔太郎あるネ

 萩原朔太郎「日清戦争異聞(原田重吉の夢)」に<アルヨことば>の用例が出てきました。

「やい。チャンチャン坊主奴(め)!」
 重吉は夢中で怒鳴った、そして門の閂(かんぬき)に双手(もろて)をかけ、総身の力を入れて引きぬいた。門の扉(とびら)は左右に開き、喚声をあげて突撃して来る味方の兵士が、そこの隙間(すきま)から遠く見えた。彼は閂を両手に握って、盲目滅法(めくらめっぽう)に振り廻した。そいつが支那人の身体(からだ)に当り、頭や腕をヘシ折るのだった。
それ、あなた。すこし、乱暴あるネ。
 と叫びながら、可憫(かわい)そうな支那兵が逃げ腰になったところで、味方の日本兵が洪水(こうずい)のように侵入して来た。
支那ペケ、それ、逃げろ、逃げろ、よろしい。
 こうして平壌は占領され、原田重吉は金鵄勲章(きんしくんしょう)をもらったのである。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/1771.html

 以上は、青空文庫でご覧になれます。(IT)

« 桃屋アーカイブ | トップページ | Wikipedia に立項 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩原朔太郎あるネ:

« 桃屋アーカイブ | トップページ | Wikipedia に立項 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31