« ゼンジー北京が | トップページ | キャラクターの公式 »

2008年8月23日 (土)

日中戦争従軍日記アリマス

Photo 江口圭一・芝原拓自編(1989)『日中戦争従軍日記』(愛知大学国研叢書1)法律文化社から。

 以下は、筆者(日本人兵士)が現地の中国人と「筆談」する場面です。自分のことばと相手のことばとの両方に、「~アリマス」「~ヨロシイ」を用いて訳し(書き下し)ていている場面があります。(IT)

▲支那国体観念アルカ。【引用者注:筆者の筆談部分】
ナイ、個人主義デス。カナシイ。支那国大キイ。国民自分勝手アリマス。統一困難。【引用者注:相手の筆談部分】(192頁)

“私七時、五百村去ります。”
私七時、四十日五百村滞在。貴男、私ヨキ友達アリマス
私大変うれしい。
私今日汽車乗る、南へ行く。後日本帰ル。
私再び貴男見る不能、悲しい。
私アナタ、病気アリマセン
元気ヨロシイ
アナタ妻、母、小孩、皆元気ヨロシイ
小孩成長、大人ナルヨロシイ。私日本カエル、貴男ニ手紙カク。アナタ手紙カクヨロシイ。(193頁)

 

« ゼンジー北京が | トップページ | キャラクターの公式 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中戦争従軍日記アリマス:

« ゼンジー北京が | トップページ | キャラクターの公式 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31