« 2009年11月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月17日 (水)

ぼくと俺

twitter 経由でご教示いただきました。

http://d.hatena.ne.jp/osamuharada/20100218

2010年3月14日 (日)

「属性表現」をめぐって

大変重要な論文が発表されました。

西田隆政 (2010.3.18) 「「属性表現」をめぐって―ツンデレ表現と役割語との相違点を中心に―」『甲南女子大学 研究紀要』第46号 文学・文化編 pp. 1-11

要旨:ツンデレ表現の研究の進展とともに、従来の役割語とは相違する面のあることが注意されるようになった。特定の言語表現が特定の人物像を想起させるという点で、ツンデレ表現と役割語は共通する。しかし、性格的属性とみなされるツンデレやボクっ娘などと、職業や階層等の社会的な属性とみなされる博士やお嬢様とに、相違する点があるのは、あきらかである。本稿では、ツンデレ表現のような性格的な属性をしめす言語表現を「属性表現」と規定した。そして、役割語とは同一基盤上にあるものの、そのさししめす人物像の相違する点から、「属性表現」は役割語の前段階ともいえるものであることを指摘した。最近の例では、メイド喫茶などでメイドの使用する接客用のことばは、「属性表現」から役割語へと変化しつつあるものと考えられる。(p. 1)
(※原文にあった誤植を、著者のご指示により訂正しました。)

2010年3月13日 (土)

江原大学校でのシンポジウム

過日、韓国・江原大学校で役割語シンポジウムを開催しました。記録のために投稿します。

2010年2月20日(土):於 江原大学校 人文大学201号室(マルチメディア講義室)

役割語研究会シンポジウム

12:30~13:00 受付

13:00~13:10 開会の辞 黄昭淵(江原大学日本学科・教授/日本研究センター長)

13:10~14:10 基調講演「役割語研究の現状」 金水敏(大阪大学大学院・教授)(司会)黄昭淵

14:10~14:25 質疑応答

14:25~14:40 休憩

14:40~15:10 「日本の大学生における役割語研究―教育的成果と課題―」岡崎友子(就実大学・准教授)(司会)勅使河原三保子

15:10~15:40 「役割語を主題とした「日韓翻訳演習」の実践報告―課題遂行型の翻訳活動を通しての気づきとスキル向上―」鄭惠先(北海道大学留学生センター・准教授) (司会)依田恵美

15:40~16:10 「韓国の日本語教科書にみられる役割語―生きた日本語を教える―」恩塚千代(江原大学日本学科・招聘教授)(司会)廣坂直子

16:10~16:30 休憩

16:30~17:30 パネル・ディスカッション―日本語教育に活かせる役割語―」講演者、及び発表者(司会)金水敏

17:30~18:00 質疑応答(司会)黄昭淵

18:00~20:00 懇親会

シンポジウム報告書

昨年3月に神戸大学で開催したシンポジウム・研究発表会の報告書を作成しました。若干残部がありますので、入手を希望される方は金水までメールをください (kinsui at osaka-u.ac.jp)。

金水 敏(編著) (2010) 『役割・キャラクター・言語―シンポジウム研究発表会報告―』科学研究費補助金基盤研究(B)「役割語の理論的基盤に関する総合的研究」研究代表者:金水 敏

緒言

2009年3月28日・29日の両日、神戸大学百年記念館において、シンポジウム・研究発表会「役割・キャラクター・言語」が行われました。これは、金水の科学研究費補助金「役割語の理論的基盤に関する総合的研究」と、定延利之氏の科学研究費補助金「人物像に応じた音声文法」に基づき、神戸大学大学院教育改革支援プログラム「文化情報リテラシーを駆使する専門家の養成」の補助もいただいて実現したもので、両科研費のいわば中間まとめという位置づけになります。

このイベントでは、ゲスト、科研費の研究代表者、分担者、連携研究員、協力者、学生、その他による多彩な講演・発表と、シンポジウムが展開されました。聴衆との間のディスカッションも活発に行われ、まずまずの盛り上がりであったと感じております。

本報告書は、金水の科研費によるこのシンポジウム・研究発表会の部分的なまとめであり、研究発表に基づく投稿論文と、第一日目のシンポジウムの文字起こし資料を掲載しています(一部、他のイベントによる資料も含む)。

2010年2月には、金水の科研費によって韓国・江原大学におけるミニシンポジウムも実現しました。2010年度は最終まとめの年度として、また国内での催しを企画しております。今後とも、金水科研、定延科研に対するご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

     大阪大学大学院文学研究科教授
      金水 敏

内容

1.大会プログラム

2.活動報告

・役割語としての片言日本語―西洋人キャラクタを中心に― 依田恵美

・役割語としての「幼児語」とその周辺 岡﨑友子・南侑里

・役割語からみた文末詞対照 金田純平

・現代日本語の「役割語」―ステレオタイプ的話体の研究法の模索― 金水敏

・コミック翻訳を通じた役割語の創造―ドイツ語史研究の視点から―細川裕史

・役割語としてのツンデレ表現―「常用性」の有無に着目して― 西田隆政

・キャラクタは文法をどこまで変えるか? 定延利之

・韓国の教科書における役割語の役割―「生きた日本語」を教える― 恩塚千代

・役割語を主題とした日韓翻訳の実践
―課題遂行型の翻訳活動を通しての気づきとスキル向上― 鄭惠先

・「沖縄人(ウチナーンチュ)」の表象と役割語―語尾表現「さ」から考える―本浜秀彦

・女性語と役割語の日本語教育 新井潤

3.シンポジウム報告

夢ナビ

受験生対象のサイトで、私の役割語研究が紹介されています。私の名前(金水)で検索できます。

http://yumenavi.info/result.aspx?KeyWord=%e9%87%91%e6%b0%b4%e6%95%8f&OraSeq=2380984&Page=1&SearchMod=4

E-learning サイト

次のようなメールをいただきました。役割語の日本語教育への応用のようなものです。

金水敏先生

突然メールを差し上げる失礼をお許しください。

私、国際交流基金関西国際センター日本語教育専門員の熊野七絵と申す者です。

このたび、海外で人気の日本のアニメ・マンガに現れるキャラクターやジャンルの日本語表現を楽しく学べる日本語学習者向けEラーニングサイトを公開いたしました。

「アニメ・マンガの日本語」(http://anime-manga.jp)

公開したコンテンツには、「キャラクター表現」と「恋愛用語クイズ」があるのですが、このうち「キャラクター表現」は、金水先生の「役割語」の概念が大きなヒントとなり、制作したものです。

海外で人気のあるアニメ・マンガ168作品の実際のセリフからデータを抽出、分析し、アニメ・マンガの典型的な8人の人物像の特徴的表現「一言フレーズ」「文型・表現」「呼称」「発音」を取り上げ、解説したものです。

アニメ・マンガの日本語では、金水先生のご指摘にもあるよう、現実社会よりかなりステレオタイプ的な表現が使用されており、データを収集する段階でも大変興味深い点が多々ありました。

サイトをご高覧いただけましたら、幸いです。

突然のメール、失礼致しました。

ご投稿2件

広島にお住まいの岩田さんから、役割語についてご投稿を戴きました。

1.関西弁キャラについて

シュレックが関西弁をしゃべることについて、私はちょっとしたひっかかりがありました。先日の講演でもおっしゃっていたように、関西の色が強過ぎて、例えば、スコットランド人英語などの翻訳には合わないのではないかとのことでした。

ローグギャラクシーというPS2のソフトがあります。そこに出てくるサイモンという宇宙人は、関西弁をしゃべります。このゲームは音声がでて、台詞が音で入ってくるんですが、どういうわけか、サイモンは関東人の声優さんを使っているため、不思議な関西弁を話します。このエセ関西弁は、最初非常に抵抗を感じるんですが、慣れてくると、関西人というイメージからは独立した関西弁としてうまく合っているような気がするのです。つまり、関西色を消しつつ、関西弁キャラが成り立つには、このエセ関西弁が役立っているように思えるのです。

CMでも最近、エセ関西弁がちょろちょろ聞こえます。わざと使っているとしたら面白いなあと思っている次第です。

2. ドメニコ・ラガナの著作から

ドメニコラガナ『日本語とわたし』 1975

その中で著者は、対談などで外国人が日本語を話すと、編集部が勝手に外人的日本語にいじって変えてしまうということをぐじぐじぐじぐじ文句を言っています。これって、まさに役割語の話だなと思います。読み物としては愚痴っぽくて嫌いですが、ちょっと面白い点がちらほら。

1.こういう役割語的な言い方は、アルゼンチンには一部の子供マンガにしかない。

2.役割語を新聞や文芸雑誌でまで使わないでほしい。

3.~アルカ?という質問はやめてほしい。

金水先生の本があと35年早く出版されていたら彼の愚痴はちょっと弱まったのかなあなどと思っています。個人的には、1975年の時点でも、アルヨ言葉が中国人に特化していないんだなあということがおもしろかったです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年4月 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31