« 第1回追手門寄席「古典・擬古典・創作落語の大阪弁」 | トップページ | 役割語研究の展開 »

2011年8月28日 (日)

EAJS での発表資料

エストニアのタリン大学で開かれた、European Association For Japanese Studies の国際大会で発表しました。

発表資料をアップします。ただし、著作権法上公開できない画像は削除しました。

Satoshi Kinsui (2011) "New Hrizons in Research on 'Role Language'," 「「役割語」研究の展望」 Section Keynote Speach (Terra Building 3rd floor, T-318), 24 Aug 2011, The 13th International Conference of EAJS, August 24-27, 2011, Tallinn University, Estonia.

「eajs2011online2.pdf」をダウンロード

「tallinnlecturekinsuihandout.pdf」をダウンロード

« 第1回追手門寄席「古典・擬古典・創作落語の大阪弁」 | トップページ | 役割語研究の展開 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EAJS での発表資料:

« 第1回追手門寄席「古典・擬古典・創作落語の大阪弁」 | トップページ | 役割語研究の展開 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31