2019年5月22日 (水)

ウェブマガジン「〈役割語〉トークライブ!」第13回配信中

研究社ウェブ・マガジン Lingua に連載中の『〈役割語〉トークライブ!』第13回が配信されています。

 

『もののけ姫』についての分析の最終回です。サンとアシタカの関係について、宗教面から分析しています。

 

よろしかったらご覧ください。

 

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1905.html#note1_01

2019年5月10日 (金)

村上春樹翻訳調査プロジェクト報告書 (2) が公開されました

大阪大学リポジトリ「OUKA」より、『村上春樹翻訳調査プロジェクト報告書 (2) 』が公開されました。

昨年度の『同 報告書 (1) 』と併せてご活用いただけましたら幸いです。

『村上春樹翻訳調査プロジェクト報告書 (2) 』目次:

巻頭言 ...................................................... 金水 敏(大阪大学)

目次

1 1Q84』のキャラクターに見る特徴的表現の日中対照

―計量的アプローチを用いて― ......................... 麻 子軒(大阪大学) 1

2 ナカタさん(『海辺のカフカ』)の変わった話し方は英語でどのように翻訳されるのか

............................................... 山木戸 浩子(藤女子大学)18

3 小説における仮名の一用法と翻訳村上春樹作品を例に

..................................................... 金水 敏(大阪大学)51

著者情報(2019 4 月現在) ................................................... 58

 

『村上春樹翻訳調査プロジェクト報告書 (2) 』へのリンク

『村上春樹翻訳調査プロジェクト報告書 (1) 』へのリンク

2019年4月24日 (水)

ウェブマガジン「〈役割語〉トークライブ!」第12回配信中

みなさま、

 

研究社のウェブマガジン Lingua に連載中の「〈役割語〉トークライブ!」第12回が配信されております。

(4月23日より)

 

http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/19/yakuwari1904.html

 

前回に引き続き、『もののけ姫』の分析をしております。どうぞご覧ください。

2019年4月16日 (火)

「アニメキャラクターの言葉」を書きました。

115371

下記の論文が刊行されました。

金水 敏 (2019) 「第六章 アニメキャラクターの言葉」田中牧朗(編)『現代の語彙—男女平等の時代—』シリーズ〈日本語の語彙〉7, 72-83頁、朝倉書店.

 

『千と千尋の神隠し』の台詞の分析を行っております。

著者割引で購入をご希望の方は、下記のサイトからどうぞ(金水が手渡しできるかたに限らせていただきます)。

https://forms.gle/LXZiydwMc9QXy4YeA

2019年3月23日 (土)

ウェブマガジン「〈役割語〉トークライブ!」第11回公開

研究者のウェブマガジン Lingua(リンガ)に掲載中の「〈役割語〉トークライブ!」第11回が配信されています。

2019年2月22日 (金)

ウェブマガジン「〈役割語〉トークライブ!」第10回公開

研究社ウェブマガジン Lingua (リンガ)の連載「〈役割語〉トークライブ!」第10回配信されています。金水の担当です。よろしくお願いいたします。

2019年2月18日 (月)

2019年3月の役割語研究会のお知らせ

 日本通訳翻訳学会会長の河原清志さん(関西大学)を講演者にお迎えして、役割語研究会を実施いたします。ふるってご参加ください。

_

日時:2019年3月17日(日)13:00〜17:45
場所:大阪大学豊中キャンパス・文法経研究講義棟・1階文11講義室

 

〈プログラム〉
13:00〜13:50
発表者1: セバスティアン・リンドソコグ(大阪大学大学院)
  「スウェーデン語における役割語」
14:00〜14:50
発表者2: フィゲイラ・フラヴィオ(東京外国語大学大学院)
  「翻訳における役割語の問題―ポルトガル語訳に見られる日本語役割語への対応―」
15:00〜16:00
発表者3: 山木戸浩子(藤女子大学)
  「ふかえり(『1Q84』)の変わった話し方は英語でどのように翻訳されるのか」
(休憩)
16:15〜17:45
講演:河原清志(関西大学)
  「翻訳をめぐる役割語(言語学)と役割理論(社会学)の接点」

 

〈講演要旨〉
 まずは米国大統領の演説や中国英語メディアのテクストの翻訳を分析し、翻訳におけるイデオロギー表出性と隠蔽性について論じ、翻訳の相対性・介入性・構築性についてお話します。次に、文学作品の翻訳における微視的伝達と巨視的伝達の両局面における役割性を具体例とともに分析し、翻訳行為全体における(翻訳者自身を含む)諸々の「人物」の役割・規範と役割行為性について社会学の役割理論を加味して考え、翻訳における役割語をできるだけ包括的に定位します。扱う理論は、社会記号論、認知言語類型論、言語人類学、翻訳学(シフト論、目的論、規範論、異化作用など)です。これらの言語理論や翻訳理論、社会学理論もわかりやすくお話します。皆様からのご意見も是非お聞かせいただき、役割語について一緒にいろいろな角度から議論できれば幸いです。

 

〈河原清志さんのプロフィール〉
関西大学外国語学部・外国語教育学研究科教授。日本通訳翻訳学会会長、日本メディア英語学会元副会長。主要著書は『翻訳等価再考―翻訳の言語・社会・思想』(晃洋書房)。専門は、通訳翻訳学、言語哲学、言語メディア論、最近は宗教学と臨床心理学。

 

※研究会終了後、18:30より阪急石橋駅近辺で懇親会を行います。参加ご希望の方は、できましたら3月11日(月)までに金水までお知らせください。
金水敏:kinsui(at)let.osaka-u.ac.jp ( (at) を半角@に変換してください)

 

※この研究会は文学研究科国際的社会連携型人文学研究教育クラスター(略称:人文学クラスター)「役割語・キャラクター言語から見た翻訳研究」に基づくものです。

2019年1月27日 (日)

役割語研究会発表者募集(2019年3月17日)

2019年3月17日(日)に役割語研究会を実施します。関西大学の河原清志先生(日本翻訳通訳学会会長)を講師に迎えてご講演をお願いしていますが、数名のご発表を募りたいと思います。遠方の方は、旅費の支援をする用意がありますのでご相談ください。ご希望の方は、金水 (kinsui(at)let.osaka-u.ac.jp)までお知らせください。2月7日を一応の締切といたします。

2019年1月25日 (金)

金水×田中の年忘れ&新春対談 完結

研究社のWebマガジン Lingua で展開されております、金水の『〈役割語〉トークライブ!」と田中ゆかりさんの『読み解き 方言キャラ』のコラボ企画、「ヴァーチャル日本語 平成最後の! 金水×田中 年忘れ&新春対談」が完結しました。どうぞお楽しみください。
  1. 〈年忘れ編〉『読み解き 方言キャラ』
    http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/18/hougen1812.html
  2. 〈新春編〉『〈役割語〉トークライブ!
    http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/18/yakuwari1901.html
  3. 〈番外編〉『読み解き 方言キャラ』
    http://www.kenkyusha.co.jp/uploads/lingua/prt/18/hougen1901.html
併せて、笠間書院から刊行されております『時代劇・歴史ドラマは台詞で決まる!』(田中ゆかり・金水敏・児玉竜一(編著)、2018)をお読みいただきますと、一層楽しめること請け合いです。

2018年12月30日 (日)

ヴァーチャル日本語 平成最後の! 金水×田中の年忘れ&新春対談(年忘れ編)

研究社ウェブマガジン Lingua (リンガ)に連載中の「読み解き方言キャラ」(田中ゆかり)と「〈役割語〉トークライブ!」のコラボ企画、「ヴァーチャル日本語 平成最後の! 金水×田中の年忘れ&新春対談(年忘れ編)」がリリースされました!
〈役割語〉トークライブ!」のコラボ企画、「ヴァーチャル日本語 平成最後の! 金水×田中の年忘れ&新春対談(年忘れ編)
2019年1月には、「新春編」と「番外編」も公開されますよ!

«「〈役割語〉トークライブ!」第7回・第8回配信されています

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31