2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 音声の韻律的特徴と話者パーソナリティ印象の関係性 | トップページ | ハマ-タウンの野郎ども »

2009年8月29日 (土)

たびたびあじあアルネ

野中のばら『たびたびあじあ 上海』(竹書房、2007年)。

51a3n2pvgzl__ss500__3

こちらも漫画仕立ての体験談です。

大変リアルで面白いですが、現地の中国人の発話には〈アルヨことば〉も用いられています。
ただし、常に「~アルヨ」となるのではなく、〈存在〉に関する発話をするときのみ、カタカナ表記で「●●アルネ(アルヨ)」とされているようです。
大半は〈アルヨことば〉ではないピジンで表現されています。

  • 地元人同士でもよくそういうことアルネ」(4頁)
  • ヤスイッ アナタ ソレ買う イイネッ」(40頁)
  • ワカ タ ヨ……」(40頁)

(IT)

« 音声の韻律的特徴と話者パーソナリティ印象の関係性 | トップページ | ハマ-タウンの野郎ども »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たびたびあじあアルネ:

« 音声の韻律的特徴と話者パーソナリティ印象の関係性 | トップページ | ハマ-タウンの野郎ども »